髭を薄くする方法GUIDE(HOME)/ 髭が濃いのはなぜ?原因を深剃り解説

髭が濃いのはなぜ?原因を深剃り解説

髭がどうして濃くなるのか、3つの角度から原因を考えていきます。

そもそも、どうして髭が濃くなるの?

髭が濃くて悩んでいる読者の皆さまにとって、気になるのは「どうして髭が濃くなるのか」という問題。俺の何が悪かったんだ!どうしてこんなことになってしまったんだ!そんな心の叫びが聞こえたMustacheヒゲ部が、髭が濃くなってしまう原因をわかりやすくまとめてみました。

遺伝

まず考えられるのは、遺伝。髭の生え方は遺伝子に組み込まれているので、父親の髭が濃ければ子どもの髭が濃くなる可能性は十分に考えられます。

あるいは、母方の家系をさかのぼってみると、祖父の髭が濃かったというケースも。必ずしも父から遺伝するわけではなく、父方と母方のいずれかに髭の濃い遺伝子があれば、髭が濃くなる可能性があると考えてもいいでしょう。

髭の遺伝については多くが解明されているわけではありませんが、ある程度まで遺伝は関係があると考えられます。しかし、髭の濃い家系でも子どもは薄いケースもあれば、その逆もあります。つまり、遺伝だけでは髭の濃さは決まらない、ということです。

ホルモン

髭の成長は、男性ホルモンが促すようにできています。テストステロンという男性ホルモンの分泌量が多いほど、髭や体毛は濃くなります。

男性ホルモンは、女性ホルモンと間で量のバランスを取っています。男性ホルモンが増えれば女性ホルモンが減り、男性ホルモンが減れば女性ホルモンが増えます。ホルモンのバランスが崩れてしまうと、女性ホルモンが減り、男性ホルモンが過剰になってしまうことがあります。

以前より髭が濃くなったと感じるようなら、ホルモンバランスが崩れて男性ホルモンが過剰になっている可能性があります。ホルモンバランスの乱れはいいことではないので、きちんと整えるように対策をする必要があります。

髭剃り

実は、髭剃りも髭を濃くする原因になります。

ふつうに剃っている分には、髭が濃くなるわけではありません。ただし、カミソリを肌に押しつけて強く剃ったり、同じところを何度も深剃りしたりして、肌を傷つけてしまうのはNG。肌が傷つくと、肌を守ろうとして太くて強い髭が生えてきます。

これを繰り返しているうちに、どんどん太くてたくましい髭が生えてしまうことがあります。

解決するには?

では、この原因を取り除くにはどうしたらいいのでしょうか?

ひとつは、男性ホルモンの分泌を減少させること。もうひとつは、スキンケアをして肌の負担を抑えること。いろいろと方法はありますが、オススメなのは抑毛ローションを使うこと。

抑毛ローションは、女性ホルモンの分泌を促す成分が配合されており、過剰なテストステロンの分泌を抑える作用があります。しかも、多くのローションには肌の潤いを守る成分が入っているので、髭剃り後に塗れば、肌が傷つくのを抑えることができます。

髭が濃くなる原因を一気に解決できるなら、抑毛ローションを使うのがいちばん手っ取り早いというのがMustacheヒゲ部の見解。別ページで詳しく解説しているので、ぜひそちらもチェックしてみてください。

ページの先頭へ