髭を薄くする方法GUIDE(HOME)/ 髭が濃いのはなぜ?原因を深剃り解説

髭が濃いのはなぜ?原因を深剃り解説

男性は成長期が始まると身長が高くなり体つきに大きな変化が起き、髭が生えてきます。その原因としてさまざまな都市伝説的な情報があり、本当の情報かどうか怪しいものも多いです。

中には髭が濃くなる原因として医学的に認められているものもありますが、根拠が全くないものなどもあるので信ぴょう性はバラバラ。例えば下記のような都市伝説があります。

  • 髭を剃ったり抜いたりすると濃くなる
  • 食生活が原因で濃くなる
  • 筋トレをすると濃くなる
  • タバコを吸うと濃くなる
  • セックスやオナニーをたくさんすると濃くなる
  • 歳をとると濃くなる
  • 遺伝で濃くなる

など…。

このように髭が濃くなることに関する色々な情報があります。そこでこちらでは、髭が濃くなる都市伝説について1つひとつ詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてください。

1:髭は抜くと濃くなる?

  • 「男性社会人フォロワーに質問です。私は髭が生えるのが早く、しかも結構濃い部類だと思います。 昔は抜いてたんですが抜くと余計濃くなると聞きショックです。髭は朝剃るのか夜剃った方がいいのかどっちでしょう? もしくはもっと良い方法あれば教えて下さい。全力!でお願いします!」
  • 「髭は抜けば抜くほど濃くなるし一度髪全部抜いたら刺激で濃くなるのでは?とか思う。やらないけど。」
  • 「髪の毛は抜くと生えてこなくなるっていうのに、髭は抜くと濃くなるっていうのはなんでなん?」

上記のツイートのように、髭を抜くと濃くなることに疑問を持つ方は多くいるようです。ここでは、髭を抜くと髭が濃くなるという都市伝説について詳しく解説します。

髭を抜くと濃くなる原因

髭抜きでは毛根ごと抜くことができるのですが、傷ついた毛細血管の回復力で濃くなるようです。傷ついた状態の毛細血管は再生する際に太い血管になります。すると毛に栄養をたくさん送れるようになるため、以前よりも太い毛が生えてくるのです。

髭抜きには危険がいっぱい!

髭を抜くと埋没毛や毛嚢炎(もうのうえん)、色素沈着などの肌トラブルを引き起こすリスクがあります。髭は太くて根っこが強いため、強引に引っこ抜くと途中で切れて肌の中に残ってしまうケースも少なくありません。そうなると毛穴が閉じて髭が皮膚の下で成長することにも。これを埋没毛と言います。

また髭を抜いた時に毛包部が傷ついて雑菌に感染する危険にも注意が必要です。小さなブツブツができるので、ニキビと勘違いする方がいるようですが、悪化してしまうと抗菌薬やステロイド剤を塗らなくてはならない毛嚢炎に。

また、皮膚組織が破壊されて色素沈着を引き起こすケースも。そのため、シミのような黒ずみが目立つようになるのです。

髭を抜くのは避けたほうが無難

髭を抜いて濃くなる方の仕組みについてさまざまな議論がされていますが、髭を抜くことで濃くなるのかどうかは科学的にはまだ判断できないのが現状です。

ただ、髭抜きが肌に悪影響を与える原因にはなることは確か。せっかくキレイな肌を手に入れようと髭を抜いたとしても、シミのような黒ずみや炎症でボロボロ肌になってしまうのです。すべすべでキレイな肌を手に入れるなら髭を抜く行為はおすすめできません。

2:男性ホルモンの増加で髭が濃くなる?

男性ホルモンとは

脳の視床下部・甲状腺・すい臓・卵巣・精巣などで作られる男性ホルモン。精巣で作られるテストステロンと呼ばれる男性ホルモンは、骨や筋肉を大きくすることができ、毛髪の成長に影響を及ぼす成分です。アトピー性皮膚炎や食物アレルギーなどのアレルギーを抑制する働きを持っており、中には喘息が改善することも。

体内のホルモンバランスが崩れると髭が濃くなる

男性の体内には男性ホルモンであるテストステロンと女性ホルモンの働きをするエストロゲンがあります。テストステロンは精巣で作られ、通常はエストロゲンと適度なバランスを保っています。しかし、睡眠不足や食生活などが原因で男性ホルモンの分泌量が増えてしまい、男性ホルモンが活性化すると髭が濃くなるのです。

テストステロンよりも髭が濃くなるジヒドロテストステロンとは

男性ホルモンにはテストステロンだけではなく、ジヒドロテストステロン(DHT)と呼ばれるホルモン成分があります。ジヒドロテストステロンは、テストステロンと5αリダクターゼという酵素が結びつき変化したもので、髭を生やす効果を促進する効果があります。そのため、このジヒドロテストステロンが増えると、より濃い髭が生えてきてしまうのです。

男性ホルモンが増える理由

髭を濃くする男性ホルモン。不規則な生活習慣や肉中心の食習慣、過度なセックスやオナニーなどによるホルモンバランスの乱れが原因で増加します。また、心理的要因によってもホルモンの分泌量に違いがあり、闘争心の強い格闘家は男性ホルモンが多く分泌しているそう。これは女性にも見られるもので、例えば女性の格闘家の中には髭がうっすら生えている方もいるそうです。

こちらでは、髭が濃くなる原因について紹介しているので、ぜひチェックしてみてください。

2-1:睡眠が髭の濃さに関係する?

夜更かしをすると髭が濃くなると言うように、睡眠不足は生活リズムだけではなく、ホルモンバランスが乱れて髭が濃くなる原因となります。睡眠不足が続くと男性ホルモンであるテストステロンが一気に減少しますが、それを補うために別の男性ホルモンであるジヒドロテストステロンが増加。ジヒドロテストステロンは頭頂部が薄くなり、体毛が濃くなる成分です。そのため睡眠不足が原因で髭が濃くなってしまいます。

男性ホルモンの量を正常にするためには、睡眠時間に分泌する成長ホルモンが大切です。成長ホルモンは精神的・肉体的な健康を維持することもできます。深い眠りについている状態のノンレム睡眠時に成長ホルモンを分泌するので、十分な睡眠時間が必要です。体の代謝機能が活発な22~2時までに就寝すると、より成長ホルモンを分泌して、男性ホルモンの生成を抑制することができます。

睡眠不足を解消するためには、睡眠の質を高めることが大事です。寝る前にはカフェインの摂取を控えて、就寝する2時間前に入浴を済ませると寝つきが良くなり、質の高い睡眠を取ることができ成長ホルモンを多く分泌することができますよ。注意する点としては、アルコールを摂取した後の睡眠。成長ホルモンを分泌できないので、なるべく晩酌するのは避けるようにしましょう。

2-2:食生活が髭の濃さに関係する?

食事する食品によっては、髭が濃くなってしまう原因になります。野菜よりも肉を好んで食べると男性ホルモンが分泌されやすくなり、髭が濃くなる可能性大。肉には多くのタンパク質が含まれており、男性ホルモンの分泌を促します。

また、体内で酸化する食品を摂取しないようにも心がけましょう。体毛には体の毒素を自浄する作用があるので、体の中が酸性になり毒素がふえてしまうと髭が濃くなります。

髭を薄くするおすすめの食品

  • 大豆食品
    大豆には女性ホルモンであるエストロゲンと同じ働きを持っており、女性ホルモンを促進する効果を期待できます。女性ホルモンを増やすことでホルモンバランスを整えることができるのです。そのため、髭を目立たせなくすることにつながりますよ。
  • サツマイモ、アボカド
    低GI食品として知られるサツマイモやアボカド。低GI食品とは血糖値が上がりにくい食品のことで、男性ホルモンの分泌を抑制する働きを持っています。

髭を濃くする食品

  • 赤身肉
    赤身肉のように動物性タンパク質の食品には、男性ホルモンの分泌を促す効果があるので、摂取するのを控えるようにしましょう。
  • タマネギ、ネギ
    含硫アミノ酸とよばれる成分が含まれており、男性ホルモンを増やす働きを持っています。ただし火を通すと成分が持つ作用がなくなるので、加熱済みであれば摂取しても大丈夫です。
  • 牡蠣
    牡蠣にはさまざまな栄養素が含まれていますが、男性ホルモンを促進する亜鉛が豊富です。そのため、髭を濃くしてしまいます。
  • ニンニク、ニラ
    ニンニクやニラの臭いの正体でもあるアリシンには、男性ホルモンの働きを高める効果があります。抗菌作用や疲労回復効果も期待できますが、体毛を濃くしてしまうので、摂取するのを避けたほうが無難です

2-3:筋トレのし過ぎで髭が濃くなる?

ハードな筋トレで筋肉を大きくするウエイトトレーニングは、男性ホルモンを活性化させると考えられています。男性ホルモンであるテストステロンは、大きな筋肉を作り出すのをサポートしてくれるホルモン。筋肉を動かすと、脳が男性ホルモンの分泌を促進してしまうようです。

また、筋肉を大きくするためにタンパク質を中心とした食事に偏ってしまいがちになるので、トレーニング中だけではなく、日頃の食事からも男性ホルモンの分泌を促すことになってしまいます。そのため、男性ホルモンが持つ体毛を濃くする作用が働いて、髭が濃くなるのです。

過度な筋トレを行なった後のプロテイン摂取は、筋肉を大きくするには良いのですが、髭が濃くなりたくない方には向いていません。ダイエットを行なっている方や健康のためにトレーニングを行なっている方は、マラソンや水泳などの持久的運動を20分ほど行なうと、髭が濃くなるのを抑えることができますよ。

2-4:喫煙によって髭が濃くなる?

タバコを多く吸う方は髭が濃いというデータがあります。タバコの煙には人の体にとって有害な物質が含まれているため、体を守ろうと男性ホルモンの分泌を活性化してしまうのです。

男性ホルモンには頭頂部を薄くして体毛を濃くする働きがあるので、髭が濃いのを気にしている方にとってタバコは、髭の成長を手助けする邪魔者でしかありません。ハーバード大学の1,200人を対象にした調査によると、タバコを吸うことで男性ホルモンが10%~30%も増加するという結果が出ています。

喫煙者はタバコの煙で空気の悪い場所にいることが多いので、外部からの刺激を守ろうと髭が生えてくることもあるそう。また喫煙していなくても自分以外の家族が喫煙していると受動喫煙となり、影響を受けてしまうため気を付けるようにしなければなりません。

2-5:ストレスが多いと髭が濃くなる?

ストレスを感じるとホルモンバランスが乱れてしまうので、正常に分泌していた男性ホルモンの量が増加します。男性ホルモンは体毛の発毛を促進する効果がある成分です。そのためストレスを多く感じている方は、髭が濃くなりやすい傾向にあります。

また、男性ホルモンの量が少ない女性でもストレスでホルモンバランスが乱れると、男性ホルモンの割合が大きくなりうっすらと髭が生えてくるケースも。髭を濃くしたくない方は、ストレスを抱えないように自分から積極的に発散することを意識しましょう。

ストレスを抱えこまないためには、運動・旅行・食事などでストレスを解消すると良いですよ。運動する時は、ウォーキングやジョギングなどゆっくりと時間をかけて軽く体を動かす程度にすると◎。運動不足の解消にもなるので、一石二鳥ですよ。

また、おいしい食事を楽しむこともストレス解消に効果的。ビタミンやカルシウムなども積極的に摂取するとイライラを抑制できます。ただし、ストレス解消するためにタバコを吸うのはNG。喫煙することでストレスを解消できるかもしれませんが、タバコが原因でホルモンバラスが乱れてしまうからです。

2-6:セックス・オナニーの回数が多いと髭が濃くなる?

セックスやオナニーの回数が多いと髭が濃くなると感じる方が多くいます。それは性行為中やアダルトビデオを見ている間の性的興奮により、男性ホルモンの分泌が活性化しているからです。

性的に興奮している間は過剰に男性ホルモンが分泌されてしまうので、体内の男性ホルモンが増えてバランスが偏り、髭が濃くなります。髭を薄くしたい方は、なるべく過度な性的興奮を避けて生活すると良いかもしれませんね。

性的に興奮すると髭を濃くする男性ホルモンが分泌されるのですが、射精すると男性ホルモンの数値は通常時に戻ることが分かっています。射精は男性ホルモンを抑制するプロラクチンというホルモンを分泌するので、ホルモンバランスの偏りを調整することが可能です。そのため、悶々とした状態でセックスやオナニーを我慢し続けると、男性ホルモンが増えた状態のままになるため、髭が濃くなってしまいます。

2-7:年を取ると髭が濃くなる?

男性ホルモンの約95%を占めるとされる「テストステロン」。このテストステロンは加齢と共に分泌量が低下していきます。分泌量が低下する原因の1つは、精巣でテストステロンを作り出す役割を持った「ライディッヒ細胞」の減少です。テストステロンの低下量は40歳で2~5%、70歳では30~70%ほどとされています。

「じゃあ年を重ねたら、男性ホルモンが減って髭が薄くなるの?」と思われがちですが、実はそうではありません。テストステロンの分泌量が減ると「ジヒドロテストステロン(DHT)」という成分が増加。このジヒドロテストステロン(DHT)とはテストステロンが5αリダクターゼと呼ばれる酵素と結合して生まれる成分で、髭を濃くしてしまう作用を持っています。

その影響力はテストステロン以上。つまり、男性ホルモンを構築するテストステロンが加齢の影響で減少し、ジヒドロテストステロン(DHT)が占める割合が増えてしまうことで髭が濃くなってしまうのです。

ジヒドロテストステロンは薄毛の原因である男性型脱毛症(AGA)を引き起こす可能性や、皮脂を過剰に分泌させてニキビが出やすい肌をつくってしまうことも。頭髪は薄いのに髭が濃い高齢者が多いのは、こういった理由があるからなのです。

3:髭の濃さは遺伝によるもの?

ヒゲの濃さは遺伝子も影響する

詳しい研究や調査などはされていませんが、肌の色や目の色が遺伝によって両親から子供に受け継がれるように、髭や体毛の濃さに遺伝子が少なからず関係します。中には、両親の毛はどちらも薄いのに子どもは毛が濃いという場合も。そのようなときは隔世遺伝により毛が濃くなる遺伝子が子どもに引き継がれていることもあるので、祖父母や血縁者に毛の濃い人がいれば隔世遺伝の可能性があります。

日本人の髭に関する遺伝子はもともと薄い?

髭や体毛に遺伝子が関わる証明として、「新モンゴロイド」に分類される民族は髭が薄いという報告があります。新モンゴロイドはユーラシア大陸の北側に位置する寒冷地域に多く分布。日本人も新モンゴロイドにカテゴライズされます。

とすると、日本人の髭はもともとは薄いと考えられるので、髭が濃い人の遺伝子は子どもや孫などの一族に遺伝しやすいようです。もしも遺伝が原因で髭が濃い場合は、対策をしても改善されない可能性があります。髭の濃さが気になるなら抑毛や脱毛を考えてみると良いでしょう。

4:髭剃りの仕方によって髭が濃くなる?

髭を剃った断面が大きくなるため濃く見える

毛を剃ると根元に近い部分が切り取られます。切り取られた部分の形そのままに髭が伸びてくるため、毛が濃くなったように感じるのです。また、剃り方によっては髭が濃くなる場合もあります。

肌を傷つける剃り方をしている

肌を傷つける剃り方をすると、肌を保護しようと毛が濃くなる場合があります。シェービングクリームやジェルなどを塗らずに剃ると、肌と皮膚の摩擦を減らすものがないため肌を傷める原因に。また、同じ箇所を何度も剃ったり、深く剃ろうと髭剃りを押し付けて剃ったりするのも肌を傷つけやすいのでやめましょう。

電気シェーバーが髭を濃くする?

T字型の髭剃りと違い、電気シェーバーは深剃りができないため伸びるのが早く、髭が濃くなったと感じる人がいるようです。髭を剃った断面が大きくなることからも、濃くなったと錯覚しやすいでしょう。電気シェーバーを使ったからといって髭が濃くなると言う医学的な根拠はありません。

髭を濃くしないための剃り方

髭が濃くなる原因には肌を傷つけてしまうことが関係しています。肌を傷つけないことが髭の濃さを抑制することにつながるので、正しい髭の剃り方について知りましょう。

  1. 洗顔をする
    毛穴の汚れや皮脂を落とすことで、シェービングクリームがなじみやすくなります。また、髭には水分を吸収する働きがあるため柔らかくなり、剃りやすくなりますよ。
  2. 肌を温める
    髭を剃る際は、お湯や蒸しタオルなどで肌を温めましょう。温めると肌が柔らかくなり、毛穴が広がりやすくなります。また、洗顔で柔らかくなった髭がより水分を含むので剃りやすくなり、力を入れずに剃ることが可能です。
  3. シェービングクリームを塗る
    充分に肌を柔らかくしたらシェービングクリームを塗りましょう。髭剃りの滑りを良くしてくれるので、肌を傷めずにすみます。
  4. 毛の流れと同じ方向に剃る
    髭が長い場合、逆剃りすると毛が引っ張られてしまい、肌を傷める原因になります。まずは毛の流れと同じ方向に剃って肌の負担を減らすようにしましょう。毛がとても長い場合はハサミでカットすれば剃りやすくなります。
  5. シェービングクリームをふき取る
    剃った後は、温かいタオルでシェービングクリームごとふき取りましょう。もしくはお湯で洗い流すのも良いですね。ふき取ったあとは剃り残しがないかチェックして、残っていた場合は剃ります。もう1度剃る場合でもシェービングクリームは忘れずにつけましょう。
  6. 肌を引き締めて保湿する
    シェービングクリームを落として肌を清潔にしたら、冷たいタオルや水で肌を引き締めます。引き締め後は、アフターシェービングローションや乳液など保湿効果のある液やクリームを塗りましょう。

濃いひげを薄くするには?

では、こちら原因を解消するためにはどうしたら良いのでしょうか?ひとつは、男性ホルモンの分泌を減少させること。こちらは普段の生活におけるちょっとした心掛けから食生活の改善まで、さまざまな方法があります。

もうひとつは、スキンケアをして肌の負担を抑えること。こちらもいろいろと方法はありますが、オススメなのは毛の発生を防いでスキンケアも兼ねてくれる「抑毛ローション」を使うことです。

男性ホルモンの分泌を減少させる方法

男性の体内に分泌されている男性ホルモン(テストステロン)は、髭の成長に深く関わっています。男性ホルモンは男性の体をつくり、髭が生えてくるように促す作用があるため、男性ホルモンの分泌量が多いほど髭や体毛が濃くなります。

男性の体には男性ホルモンが優勢の状態で分泌されていますが、微量ながら女性ホルモンも分泌されており、二者の間でバランスを取っています。男性ホルモンが増えれば女性ホルモンが減る傾向にあり、男性ホルモンが減れば女性ホルモンが増える傾向にあります。しかし何らかの原因でホルモンのバランスが崩れてしまうと、女性ホルモンが減って男性ホルモンが過剰になってしまうことがあります。髭を薄くするためには、男性ホルモンを過剰に分泌させないように女性ホルモンを増やす必要があります。

以前よりも髭が濃くなったと感じる場合は、ホルモンバランスが崩れている可能性があります。男性ホルモンは男性らしさをアップさせてくれる一方、髭を増やしてしまう作用がありますので、女性ホルモンをプラスしてあげて、男性ホルモンが過剰にならないようにコントロールする必要があります。

女性ホルモンを増やす方法としては、女性ホルモン(エストロゲン)と似た作用をもたらす「大豆イソフラボン」を体内に補う方法がもっとも効率的です。豆乳や豆腐などの大豆製品を口にしたり、味噌や醤油など大豆由来の調味料を使うなどして、食事に大豆イソフラボンをプラスすると良いでしょう。

また、筋力トレーニングなど激しく筋肉を使う運動は控えましょう。激しい運動は男性ホルモンの分泌を促してしまうため、筋肉をあまり使わない軽い運動などに替えると良いでしょう。ホルモンバランスを乱さない工夫としては、睡眠をたっぷりととり、ストレスを溜めない心掛けも重要です。毎日規則正しく睡眠をとって、たっぷりと体を休めましょう。運動量が多い人ほど体が疲れていますので、ホルモンバランスが乱れやすい傾向にあります。

ゆっくりと休むとともに、ストレスレベルを下げる工夫も重要です。心を落ち着けてゆったりとした気持ちで時間を過ごすことでも、ホルモンバランスを整える効果が期待できます。

抑毛ローションのススメ

男性ホルモンを増やさないように心掛けるとともに、もう一つおすすめしたいものが「抑毛ローション」です。抑毛ローションとは、皮膚につけると毛根へ届き、毛の発生を抑制する効果が期待できます。具体的には、女性ホルモンの分泌を促す成分(ダイズエキスなど)が配合されており、男性ホルモンによる発毛を抑えるとともに、毛を薄くする作用があります。

抑毛ローションの中には肌を保湿する成分が入っているものもあるので、髭剃り前後に塗れば、肌を傷つけずにスムーズに髭をケアすることができます。男性ホルモンは体内に分泌されるものですが、体の内側だけでなく外側からも発毛を阻止するダブルのケアがおすすめです。

Mustacheヒゲ部の見解としては、髭が濃くなる原因を解決するためには、抑毛ローションを使うのが効率的です。

ページの先頭へ