髭を薄くする方法~鼻の下~

「鼻の下の髭をどうにかしたい」と悩んでいる方は少なくないと思います。鼻の下の髭を薄くする方法や実施する上での注意点をまとめているので、ぜひ参考にしてみてください。

鼻の下の髭に多い悩み

髭の処理がしにくい部分の一つ鼻の下。剃りづらいため力加減を間違ってしまい、出血やカミソリ負けをしてしまうことも少なくありません。苦労して剃った後でも、濃い髭の場合は青髭として残ってしまい、清潔感を演出することができずに悩んでいる方もいるかと思います。

鼻の下の濃い髭に悩んでいる方に向けて、髭を薄くするためのおすすめ方法を紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

鼻の下の髭を薄くするおすすめ方法

「濃い髭がどうにもならない…」と悩む方に向け、おすすめの解消方法を紹介します。

家庭用脱毛器を利用する

クリニックで脱毛を行なう手もありますが、鼻の下という狭い範囲だけであれば家庭用脱毛器での処理がおすすめ。自分が薄くしたい部分だけをピンポイントで薄くできるからです。

家庭用脱毛器の金額は種類によって異なりますが、安いと30,000円から購入することができます。「薄くしたいけれど、クリニックはハードルが高い…」と考えている方にもおすすめの方法と言えるでしょう。

抑毛ローション使って薄くする

自宅で手軽に行なえる鼻の下の髭を薄くする方法としては、抑毛ローションを使う手もあります。ローションの使い方はシンプルで、髭を剃った後に気になる部分にローションを馴染ませるだけ。

髭を剃ってなくても使うことはできますが、髭を剃っているほうが肌に浸透しやすくなります。毛根までしっかり届くので髭処理後がおすすめです。

またローションには保湿成分や美肌成分が含まれているものが多いため、肌の調子を整えてくれる効果も期待できます。鼻の下の髭剃り後のカミソリ負けのサポートにもなるでしょう。

使い始めてすぐに効果を発揮するような即効性はなく、最低でも2週間以上は使い続ける必要があります。人によって同じ商品でも効果が異なるので、最低でも1ヶ月は継続してみましょう。

薄くする方法を実施する上での注意点

髭を薄くする方法として挙げた家庭用脱毛器には、注意するべき点があります。レーザー式やフラッシュ式の脱毛器は使うときに強い光を放つため、サングラスを掛けて行ないましょう。強い光を何度も見てしまうと、目に負担が掛ってしまい視力低下に繋がりかねません。

また、脱毛の後には肌にクリームを塗り、保湿をすることがおすすめ。脱毛器から照射されたレーザーやフラッシュにより、熱を帯びた肌は普段よりも乾燥しがちです。乾燥による肌荒れを防ぐためにも、しっかりと保湿を行ないましょう。

抑毛ローションにおいても注意するべき点があります。肌のケアに役立つ成分が含まれているのですが、肌にまったくダメージがないわけではありません。

抑毛ローションは、髭の主成分であるたんぱく質を溶かして髭を薄くしています。そのため、同じくたんぱく質でできた肌にも刺激を与えてしまうのです。肌の弱い方は一度パッチテストを行なって、肌荒れが起きないことを確認してから使うようにしましょう。

ページの先頭へ