部位別髭を薄くする方法~あご髭~

あご髭が濃く、どうにか薄くしたいと悩む方は多いかと思います。あご髭を薄くして悩みを解決する方法や、実施する上での注意点を紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

あご髭の濃い方が抱えやすい悩み

あごは髭が生えやすく、毛穴が密集していて処理しても青く見えてしまうことが多め。清潔感にかけてしまうと悩んでいる方や、女性から良い印象をもたれないと困っている方がいるかと思います。職

場や職種によっては、外見を意識しなくてはいけないところもあるので、どうにか改善したいもの。またあご髭が生えていると、汗や雑菌によってニキビができやすくなるデメリットもあるようです。

そんなあご髭を薄くしたいと悩んでいる方に、髭を薄くするおすすめの方法を紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

あご髭を薄くするおすすめ方法

あご髭の悩みを解消するためのおすすめの方法を紹介しています。

抑毛ローションを使用する

自宅で手軽に髭を薄くできるのが、抑毛ローションの使用。使い方は簡単で、ローションを肌になじませるだけです。ただ、ローションを使い始めた日から効果を実感できるものではないので注意しましょう。最低でも2週間以上使い続けることで効果を感じられます。

抑毛効果を最大限に活かすには、髭処理の直後に使うことがおすすめです。髭が取り除かれているので、ローションが浸透しやすくなり、毛根部分まで成分が行き届きます。

また保湿成分や美肌成分が配合されているため、肌へのダメージを抑えるだけでなく、肌の調子が良くなることも。青髭だけでなく、肌荒れや年齢肌の改善も期待できます。

クリニックで医療脱毛を受けて髭を薄くする

髭を薄くする方法として最も確実な方法である医療脱毛。確実性がある分、料金が高額になってしまいますが、脱毛効果がすぐに分かるため、即効性を求める方に向いています。

また医療脱毛は完全に髭を無くすこともできますが、髭の形をデザインしたり全体的な量を薄くしたりと、調整が可能です。あご髭を薄くしたいけれど、完全に脱毛をしたくないという人でも安心して受けることができるでしょう。

薄くする方法を実施する上での注意点

髭を薄くする方法として挙げた抑毛ローションには、美容成分が含まれており、基本的には肌に優しいものです。しかし髭を薄くする原理上、確実に肌にダメージを与えてしまいます。

たんぱく質でできた髭を溶かすことで抑毛しているので、同じたんぱく質でできた肌にもダメージを与えてしまうのです。肌の弱い方や敏感肌の方は、一度肌につけてみて、肌が荒れないことを確認してから、使用するようにしましょう。

また医療脱毛においても注意するべき点があります。医療脱毛は強い光やレーザーによって脱毛を行なうので、軽いやけど状態や赤みを発症するほどのダメージを肌に与えてしまうもの。健康な肌の人でもこのような症状が起きるため、肌の弱い方は医療脱毛を受ける前に、担当医としっかり相談した上で治療に臨みましょう。

ページの先頭へ