「青髭になってしまう…何で剃ればいい?」

男性の身だしなみの一つである毎日の髭剃り。きれいに剃ったつもりなのに、青髭になってしまう猪瀬さん(仮名)の悩みを、髭コンサルのジョリー内藤がアドバイスします!

お悩み7:青髭対策に電動髭剃りがいいって本当…?

きれいに髭を剃ってみると、顎や口元が青く染まる「青髭」の問題。髭が濃い人ほど青髭になりやすいものですが、青髭対策には電動髭剃りを使うと良いという噂があります。 カミソリでさっと髭剃りを済ませてしまう人もいるようですが、髭が濃い人はきれいに剃ってあげた方が見た目が良くなります。

カミソリで髭を剃っていたら青髭になってしまったとお悩みの猪瀬さん(仮名)の質問について、Mustacheヒゲ部の髭コンサルタントのジョリー内藤がお答えしたいと思います。

Q.40代男性です。青髭に真剣に悩んでいます。…by猪瀬さん(仮名)

40代に入り、今まであまり気にしていなかった髭が青々としてきたことにコンプレックスを抱えています。自分ではきれいに剃っているつもりなのですが、剃り残しがあるのか、青髭になっているのが分かるようになりました。

肌の色が白いということも関係しているかもしれませんが、髭が濃いめなので、どうしても青髭になってしまうのです。かといってカミソリを何度も当てると肌がヒリヒリしてしまいますし、電動髭剃りを使うと良いという話を聞いたのですが、自分としてはあまり変わらないような気もします。

最近ではきれいに剃れる電動髭剃りが出ていますが、そちらに思い切って替えた方がいいのでしょうか?どうしたらいいでしょうか?

A.カミソリもシェーバーも実は効果が同じ!まずは肌を整えて髭を柔らかくしないと!

毎日の髭剃りに、カミソリもしくは電動髭剃り(シェーバー)を使うことはもちろんだけど、実は髭剃りの効果を100%得ることができないの。知ってた? 刃による除毛は、あくまでも皮膚の表面に出た毛だけを刈り取るもの。深く剃ればそれだけ深く刈り取ることができるけど、肌にダメージを与えてしまうのでトータルで考えればデメリットの方が多いの。 毛の剃り方によっても青髭の程度や色合いは変わってくるけど、それよりも髭を硬くしない、柔らかくして剃りやすい状態にする方が効率的に髭の除去ができる。

猪瀬さんは普段どのように髭剃りをしている?乾燥した肌のままで髭を剃ると、うまく剃りきれない部分が出てきて、肌に余計な毛が残ってしまうの気づいてた? 電動髭剃り・シェーバーは肌に刃が直接当たるわけではないので、カミソリに比べると浅剃りになる。したがって、きれいに剃るためには深剃りができるカミソリを使っても問題はありません。

ただし、深く毛を剃るということは肌にダメージを与え、その部分に赤みが出たり(カミソリ負け)、ヒリヒリして刃が当てられなくなったりといったデメリットもあるよね。電動髭剃りにはその心配がないので、何度も繰り返し使うのに向いているんだ。 浅くしか剃れないからといって、青髭になってしまうわけではありません。こまめにケアを続けていれば、剃り残し部分も減ってきれいなお肌になりはず。

そしてもう一つ、電動髭剃りの効果を最大限に発揮させてくれるものが、専用のローション!女性用の化粧水とは違って、男性におすすめしたいものは「抑毛ローション」と呼ばれるもの! 抑毛ローションには発毛を抑える成分が入っているので、毛根に浸透して毛の発生率を低減する効果が期待できる。毛が少なく(もしくは薄く)なれば、処理する毛の量も減るので、ケアが圧倒的に楽になるはず。

大幅に体質改善をするわけではありませんが、抑毛ローションには整肌作用もあるため、ダメージを受けた肌を保湿して、健康な肌に導く効果もあります。髭剃りの際に肌に塗っておけば、カミソリやシェーバー負けする心配もないので安心ですよ。

>>頑固な髭を細く柔らかくする、抑毛ローション比較はこちら

ページの先頭へ