カミソリ負けにおさらば!濃い髭の対処法

髭を剃るにあたって、カミソリ負けに悩んでいる人は多いもの。ここではカミソリ負けに悩む男性のリアルな声や女性からみたカミソリ負けのある男性の印象、カミソリ負けをしないための対処法などを記載しています。濃い髭に悩んでいる方は要チェックです。

数多くの男性がカミソリ負けに悩む

ここでは美容家電ヤ―マンが実施した、髭に関する悩みについてのアンケート結果をまとめています。20~29歳の男性300人を対象に調査しているので、気になる方はぜひチェックしてみてください。
(参考元:ヤーマン株式会社調べ「男性のヒゲ処理の悩み」より)

髭に関する悩みはある?

世の中の男性で、髭に関する悩みを持っている人は3人に1人という結果が出ています。その中でも特に多かった悩みは「髭が伸びるのが早い」「髭が濃すぎる」「髭を剃るのが面倒くさい」といったもの。同じ髭に関する悩みでも、それぞれ異なった理由が挙げられていました。髭に関する悩みは男性にとって大きな悩みとなるようです。

髭剃りは面倒だと思う?

  • 「時々面倒くさく感じる」という方…24.0%
  • 「たまに面倒くさく感じる」という方…10.0%
  • 「面倒くさくない」という方…10.0%

「髭剃りが面倒くさい」と感じる男性は半分以上という結果になっています。その他、「時々面倒くさく感じる」方や「たまに面倒くさく感じる」方もいました。

髭に関する明確な悩みを持っている方もいますが、「時間のない朝に剃らなければいけないのが面倒」「丁寧に剃っても剃り残しが出てしまう」など、髭剃り自体が面倒くさく感じている方も多いようです。

髭剃りでカミソリ負けしたことある?

髭を剃ったあとに出血したり、ヒリヒリしたりするカミソリ負け。髭に関する悩みを聞いたときも多くの方が「カミソリ負け」を挙げていました。「よくカミソリ負けをする」という方が22.3%、「時々する」という方が28.0%、「たまにある」という方は26.7%という結果。カミソリで処理している際に肌を傷つけてしまう方も多く、その悩みは深刻なようです。

カミソリ負けに悩む男性の無念の声

カミソリ負けと一言で言っても、その悩みはさまざま。ここではカミソリ負けに悩む男性の声をまとめています。現在カミソリ負けに悩んでいる方はチェックしてみてくださいね。

  • 「敏感肌なので、カミソリはもちろん、電気シェーバーで剃ったあともヒリヒリしてしまいます。以前電気シェーバーが壊れてしまい、やむを得ず普通のカミソリを使ったところ、やっぱりすぐに傷がつき出血してしまったんです。もうどうしようもないですね。」
    敏感肌の人はカミソリや電気シェーバーで処理すると傷がつき出血してしまうようです。肌に刺激を与えない処理方を選んだ方がよさそうですね。
  • 「髭を剃ったあとは赤みが出るわけではありませんが、時間が経ったときに血が出ていることに気づいたり、ヒリヒリしだしたりすることがあります。また、ニキビができている箇所を剃らなければならない場合は、つぶれてしまうことも。今は、外出するとき以外、なるべく肌に刺激を与えないよう処理回数を減らしています。」
    髭剃り後に「いつの間にか血がでていた」というケースがあるようです。また、顔にニキビや吹き出物などができていると、処理しづらくなってしまいます。そのまま剃ってしまうと、余計に悪化させてしまう可能性もあるので注意しなければなりませんね。
  • 「髭剃りをするたびにヒリヒリしてしまいます。ジェルを塗ったとしても、少し納まるくらいで処理後は赤く腫れる状態。できるだけ肌を傷つけたくないのですが、剃らないと大変なことになるので仕方なく処理しています。」
    髭剃りの際に専用のジェルをつけたとしても、ヒリヒリしてしまう場合もあるようです。できれば剃りたくないと思っている人は多く、ヒリヒリすることを我慢して処理している人は多く見られます。

女性は男性のカミソリ負け肌を見ている

男性なら少なからず女性からどう思われているか気にしているはず。では、カミソリ負けをしている男性の肌はどう見ているのでしょうか。ある女性週刊誌に掲載されていた「男性のカミソリ負けを許す?」というアンケートに対して「許さない」と答えた人が7割、「許す」と答えた人が約3割と衝撃の結果になりました。

また、髭脱毛に関するWEBサイトが行った「男性のカミソリ負けに気づいたことがあるか」という女性に対するアンケートの結果を見てみましょう。

  • 「気づいたことがある」…85%
  • 「気づいたことがない」…15%

女性は男性が思っている以上に男性の肌を見ており、ほとんどの方は男性のカミソリ負けに気づいていると答えていました。実際に「カミソリ負けになっている」「どうして赤くなっているの?」と女性から指摘を受けたことのある男性も。

女性はもともと綺麗な肌の男性を好みます。肌が荒れている男性やカミソリ負けがある男性に対する女性の意見は「ダサい」「だらしない」「不潔」などとひどいもの。肌が荒れている、あるいは汚いというだけで印象が決まってしまうということでしょう。

多くの男性が行っているカミソリ負けへの対処

カミソリ負けをおこしてしまうと治るのに時間がかかってしまうのはもちろんのこと、髭が生えてくるたびにカミソリで肌に刺激を与えることになってしまいます。困ってしまうカミソリ負けを防ぐために、世の中の男性はどんな対策をしているのでしょうか。

ここでは「カミソリ負けに対して、どんな対策をしていますか?」というアンケートを男性100人に調査した結果を見てみましょう。「シェービング剤を使用している」「処理後のスキンケアをしている」「毛流れに沿って処理している」の中から1つ選んでもらった結果を紹介します。

1位 シェービング剤を使う

多くの男性がカミソリ負け対策で行っていることは「シェービング剤を使うこと」でした。100名中40名の方が選択しており、髭剃りには欠かせないことのようです。熱いタオルで温め、髭や肌を柔らかくしたのち専用のシェービング剤とともにカミソリで剃っているとのこと。カミソリの滑りが良くなり、肌を傷つけずに処理できるようです。

2位 髭剃り後の保湿ケアを重視!

2番目に多かった対策法は「処理後のスキンケア」です。処理によって刺激を受けた肌を保湿してダメージを軽減するというもの。こちらは100名中26名の方が選んでいました。乾燥する時期は特にスキンケアを重視しており、シェービング剤は使わずに処理後にケアを徹底しているという方もいるようです。

3位 毛流れに沿って剃る

3番目に多かったのは毛流れに沿って剃る方法。こちらは100名中20名の方が選んでいました。仕上がりが綺麗になる逆剃りはついやってしまいがちですが、肌に大きな負担をかけてしまいます。処理する場所によって、毛流れは異なるので各部分にあった処理を行うことが大切です。

濃い髭でもカミソリ負けしないための対処法

髭が濃い場合、綺麗に剃ろうとして何度も肌にカミソリを当ててしまい、カミソリ負けになってしまうことが多くあります。ここでは髭が濃い人でもカミソリ負けしないための対処法を紹介します。

剃る回数をできるだけ少なくすること

しっかり剃ろうとして、何度もカミソリを肌にあててしまうと、出血する可能性は高まります。髭を剃る目的で作られたカミソリでも、刃物なのでもちろん肌を傷つけてしまうリスクは避けられないもの。できるだけ肌へ負担をかけずにカミソリを使用するには多枚刃で剃ることがおすすめです。

多枚刃はいくつかの刃が並んでいるため1枚目の刃で髭を剃ったあとにすぐ2枚目の刃がくるため、毛が引っ込む前により深く毛を剃ることができます。そのため、1枚刃のカミソリで何度も剃るより肌に負担をかけずに処理することができるのです。

また、できるだけ剃る回数を減らすために、処理しなくても良い日は髭を剃らないようにしましょう。日課として毎日剃っている方も多いと思いますが、休日など人と会わないときは剃らないようにするだけでもカミソリ負けを軽減することができますよ。

ヒゲを柔らかくしてから剃ること

髭を剃る前に、蒸しタオルを毛に当てて柔らかくしておくと、肌を傷めずに処理することができます。また、温めることによって毛穴も開くので、一気に深剃りができます。特に髭が硬いという方は、その効果を実感しやすいでしょう。

もし時間がないという方はシェービングフォームやジェルなどを肌に乗せ、少し時間が経ってから剃るのも◎。毛が柔らかくなり温めなくても剃りやすくなります。また、シェービングフォームやジェルは肌を濡らさなくてもカミソリが滑りやすくなるので、少ない負担で髭を処理することができます。

こまめにカミソリの刃を洗ったり、こまめに刃を取り替えたりする

髭を剃っているとき、カミソリの隙間に髭が詰まってしまい切れ味が悪くなることがあるかと思います。目詰まりしている状態のまま処理を続けると更に切れ味が悪くなり、結果的に何度も剃ることになります。その分肌への負担が大きくなってしまうため、目詰まりしたときはすぐにカミソリの刃を洗うようにしましょう。

毎回こまめに洗うのがベストですが、面倒くさくてそのまま剃ってしまっている方も多いかもしれません。洗面器に水を溜めておき、すぐに洗える状態にしておくと良いですよ。

また、髭を剃ったあとのカミソリをしっかり拭いておくことも大切。濡れたまま置いておくと錆びてしまったり、ばい菌が繁殖したりしてしまい、カミソリ負けが起こりやすくなってしまうのです。もし使い過ぎて刃が悪くなっていたら、すぐに新しい刃に取り換えるようにしてくださいね。

濃い髭に悩み続けますか?根本的に髭を薄くするという対策も。

もともと髭が薄い人の場合、カミソリでも簡単に処理できるので、悩んでいる人は多くありません。しかし、髭が濃い人は処理したとしても、髭の濃さが変わることはないため、どうしても処理回数が多くなってしまいます。結果的にカミソリ負けになってしまうリスクが一生つきまとってしまうことに。

濃い髭に一生悩むくらいなら、そもそも髭を薄くすることに目を向けてみるべきではないでしょうか。根本から生えてくる髭が薄くなると、生えてきたとしてもそこまで目立つことは無くなります。また、生えるスピードが遅くなると、その分処理回数も減り、肌への負担も減りますよ。

長年濃い毛に悩み続けている方は、1度髭を薄くする方法にも目を向けてみるのはいかがでしょうか。

>>さらばカミソリ負け!髭を薄くする方法を伝授します

ページの先頭へ