濃い髭は就職活動に不利?

髭は第一印象を悪くしてしまい、就職活動に支障をきたしてしまうケースがあるというのはご存知でしょうか?最悪の場合、髭が原因となって落とされることもあるようです。

髭は体質の問題もあって、どうしても濃くなってしまう人がいます。しかし、髭がないほうが相手に与える印象が良くなることは間違いありません。このページでは、髭が就職活動にもたらす影響についてまとめているので、ぜひチェックしてください。

濃い髭は就職活動にマイナス?

「就職活動」と聞くと多くの人が最初に思い浮かべるのは、学歴ではないでしょうか?当然、働いたときのことを考えれば学歴も採用基準として見られますが、同様に面接官に見られているのは「第一印象」なんです。

理由としては、採用してしまえばその人は会社の顔になるから。そのため、就職活動中は「この人は会社の顔にしても大丈夫だ」と思ってもらえるような身だしなみにすることが大切なのです。

身だしなみのなかでも男性が一番見落としがちなのが「髭」。人によってはファッションの一部として整えながら髭を生やしているかもしれませんが、社会人としては良い印象を与えないので注意しましょう。

また、様々な会社が新卒を採用する理由として「フレッシュな存在を確保する」ことが挙げられます。仕事ができる人を採用したければ、経験豊富な中途採用をするはずです。

つまり、就職活動中の人たちに求められていることは少なからずフレッシュさ。もちろん挨拶をきちんとする、受け答えをするといったフレッシュな行動も大切ですが、見た目のフレッシュさも重要なポイントになっているので把握しておきましょう。

ビジネスマンの髭に関する印象は悪い

パナソニックが行った20~30代の男性ビジネスマン500名を対象とした「身だしなみに関する意識・実態調査」によると、社内・社外の男性と接する際にチェックするパーツ第1位となったのが「髭」です。実に約6割の人が身だしなみで髭をチェックすると回答しています。

中でも剃り残しや無精髭、青髭などが目につくそうです。そのほかに、カミソリ負けをして肌荒れや赤みになっていても目につく要素のひとつに。たとえ髭をきちんと剃っていたとしても、肌のケアまで行き届いていないとマイナスの印象を与えるので注意が必要です。
(参考元:パナソニック株式会社調べ「入社目前の新入社員必見!先輩ビジネスマンが教える身だしなみ事情」より)

髭がきちんと剃られていないと「清潔感がない」という印象を与え、相手からどう見られているのかという意識がかけていると思われてしまいます。そのため、髭はきちんと剃るのがおすすめです。

髭はマイナスなイメージを持たれているため、髭をなくすことで相手に与える印象を変えることができます。清潔感や身だしなみが重要とされるビジネスの現場で髭をきちんと整えていれば、爽やかな印象を与えることが可能です。

髭が周りに対して良い印象を与えないのは事実。ビジネスシーンで相手に不快感を与えてしまうと、仕事に支障をきたす恐れがあります。そうなってからでは遅いので、まずは髭のケアをしっかり行いましょう。

髭を整えるだけで、仕事において印象アップすることができたり、信頼を獲得できたりすることもあります。髭を剃るのは面倒ですが、そのひと手間で相手に好印象を与えることができるので、ぜひ実践してください。

髭が濃いと就活にマイナスに響く理由

人は、初めて会う人を見た目で判断するものです。とくに就活ともなると企業側は多くの人物の中から将来有望な人材を選ばないといけないので、髭や髪が整えられていないと「社会の常識を知らない人」と判断することがあります。

髭はもちろん、髪形・服装など、就活の第一歩はまず外見から整えることが大切です。見た目を整えないことが就活にどのように影響していくのか、確認してみましょう。

理由①:第一印象は見た目が8割

採用者側は面接を数回行うことで、相手の人物像・これまでの体験を見抜く必要があります。とくに第一印象は重要視されるものです。見た目で印象が決まってしまう「メラビアンの法則」と呼ばれる法則もあるほど。

人の印象を決めるのは見た目が8割で話す内容が2割というものです。しかも、第一印象が判断されるのはわずか2~3秒とごく短い時間。意外なことに、話す内容にはあまり注力されていないのです。

8割見た目で印象が決まってしまうなかで、主に注目されているのは顔の表情・目線・服装・髪型など。採用者側はとくに顔部分をよく見ていますから、髭を生やしたまま面接に臨むのは良い印象を与えません。人によっては不潔と感じる人もいますし、老けた印象を与えてしまうことも。

見た目は誰でも整えることができます。見た目が変わることで雰囲気が変わり、自信も出てくるものです。就活の際は、まず見た目を整えて清潔感のある、若々しい自分を演出しましょう。

理由②:面接官に女性がいた時はもっと危険

男性ばかりの職場であれば、多少髭の手入れが行き届いていなくても許容される可能性はあります。しかし、もし面接官に女性がいるとするならば、それはかなり危険です。女性は男性よりも視覚や嗅覚が優れていると言われており、特に第一印象の8割を占める身だしなみに関しては、面接時にかなり細かくチェックされます。

仮に鼻毛が出ていたり、無精髭のまま顔を合わせてしまったり、なんてことが起きたら間違いなくマイナスイメージに繋がるでしょう。もちろん、男性だけだからといって気を緩めて良いわけではありませんが、特に女性が面接官を務めているような企業の場合は要注意。しっかりと身だしなみを整えてから面接に臨むようにしてください。

理由③:フレッシュに見えない

現在は履歴書の書き方をレクチャーしてくれる大学や専門の本も多く出版されており、内容で差が付けにくい傾向にあります。その中で一番印象に残せる要素が証明写真です。履歴書の写真はフラッシュで照らされた顔がアップで撮られるので、濃い髭は青髭になって目立ってしまいます。この青髭が面接官に与えるのは以下のような印象です。

  • 顔が暗く、フレッシュ感が無い
  • 老けて見える
  • 不衛生に見える

いずれもマイナスな印象を与えかねません。営業や接客など、人と接する仕事の場合は特に合否に影響します。単なる証明写真と考える人もいるかも知れませんが、就職活動で最初に企業と顔を合わせるのは、面接ではなく履歴書の顔写真です。

せっかく丹念込めて仕上げた履歴書の志望動機や自己アピールも、顔写真1枚の印象によって面接に辿り着けないケースがあります。逆に髭が薄く、サッパリとした明るい顔なら選考者のイメージも良い印象のまま、面接に臨めるといえるでしょう。

理由④:覇気がない、自信が無く見える

濃い髭をコンプレックスと思っている人は数多くいます。髭が濃いままで面接に向かってしまい、それを気にして不安になってしまうと、暗い表情や自信の無さが表情にあらわれてしまいます。

そもそも企業が新人を獲得するメリットは、フレッシュな人材を確保するため。新社会人に求められているのは若々しさなのです。もちろん、あいさつや受け答え、メモを一生懸命取るといったフレッシュな行動は大切ですが、見た目もしっかり採用判断の対象になります。

面接は働くうえでの第一関門です。覇気がなく、自信が無いように見せないためにも、髭はしっかり剃っておくようにしましょう。

理由⑤:採用後も髭は基本的にNG

就職試験を乗り越えて採用をもらった後でも、基本的に髭は生やさないようにしましょう。お客さんと直接顔を合わせることが少ないクリエイティブ系の職業や、おしゃれの一部として髭を生やすファッション系の職業であれば髭を生やしても問題はないという企業はあります。

ですが、大多数の企業はそうではありません。お客さんや社外の人と接する際に少しでも良い印象を与え、会社としてのイメージを損ねないためにも、フレッシュ感・清潔感のある人材が好まれています。

髭は周囲の人から見て好印象を与えることは少なく、「不潔」と悪い印象を与えることのほうが多いもの。またなんとなく偉そうだなと捉えられてしまい、好感どころか相手を不快にさせてしまう危険性も。

学生時代も社会人になっても、人間関係はとても重要なものです。会社の中でより良い人間関係を作りコミュニケーションを円滑にするためにも、採用後も髭は生やさずに清潔感を意識し続けるとよいでしょう。

就職活動のための髭対処法はある?

ここでは就活や面接の際は髭によって印象が悪くならないよう、対処法を紹介。これから就活を始める方はチェックしてみてください。

正しい方法で剃る

簡単に処理できるのがカミソリで剃る方法ですが、カミソリは正しい方法で剃らないと肌が荒れてしまったり、綺麗に剃れなかったりします。

まずは洗顔後、温かいタオルを当てて毛穴を開くことから始めましょう。その後、シェービングフォームを塗り、毛の流れに沿ってカミソリで剃っていきます。処理後は顔を水ですすいで終了です。カミソリは、シェービングフォームが付いたままになっていると錆びて刃が悪くなるので、しっかり洗っておきましよう。

髭を処理するベストなタイミングは朝の6時~10時。また、起床してすぐに処理するのではなく、30分程経ってからのほうが良いでしょう。

T字タイプのカミソリは刃数が多く、深剃りしやすくなっています。綺麗に処理しやすいのですが、ヘッドが大きいと細かい部分が剃りづらくなるので、顔の部位によって使い分けると◎。カミソリだとどうしてもカミソリ負けを起こすという人は、電気シェーバーを使ってみるのもおすすめです。

クリームで処理

カミソリや電気シェーバーだと肌が荒れてしまう人には、脱毛クリームで処理する方法もあります。脱毛クリームの中にも除毛クリームと抑毛クリームの2種類。

除毛クリームは即効性があり、塗って数分経った頃に洗い流すと毛が溶けてなくなっています。抑毛タイプのクリームは即効性がなく、使い続けていると徐々に毛の成長が遅くなり、細く目立たなくなります。

今すぐに毛を処理したいという人におすすめなのは「除毛クリーム」。就活や面接までに毛を薄くしたい方は「抑毛クリーム」と使い分けるとよいでしょう。

化粧で青髭を隠す

「化粧は女性だけがするもの」だと思いがちですが、男性のヒゲを隠すのに最適なアイテムでもあります。隠す力が優れているコンシーラーやBBクリームなどはニキビやくまを隠す目的で作られているため、青髭を隠すことも可能なのです。

時間が経って汗が出ると化粧が落ちてしまうケースが多いので、汗や水に強いウォータープルーフタイプがおすすめ。不自然に化粧が落ちてしまっていないか、必ず人と会う前には顔をチェックするようにしてくださいね。

モバイルシェーバーを携帯する

数時間経つと髭が伸びてしまう人におすすめなのが、モバイルシェーバーを携帯すること。鞄に入れておき、いつでも処理できる状態にしておくと良いでしょう。シェーバーを使うごとに肌へ負担をかけることになりますが、面接前に1度チェックしたときに伸びていた場合だけ処理すれば良いのです。

数千円で購入できるシェーバーもあるので、1つ常備しておくと「剃り忘れてしまった!」というときでも安心ですよ。

就活が始まるまでに、髭を薄くすることにも目を向けるべき!

就職試験の試験では、リフレッシュ感が大事です。就職試験の日は、髭をキレイに剃って試験を受けると印象が良くなる傾向にあります。社会人になると毎日手入れする必要があり、濃い髭を生やしたままだと不潔に思われてしまうことも。そうならないためにも、髭を剃る必要がある就活が始まる時期までに髭を薄くしましょう。

髭を薄くするのは、エステやクリニックで脱毛施術を受けるのがおすすめです。ただし、エステやクリニックは費用がかかるもの。1回の施術料金は8,000~15,000円程度に。髭を薄くするには5~10回ほどの施術を受ける必要があります。髭の脱毛が完了するまでに150,000円以上かかるケースも少なくありません。就活中の学生にとってはかなりの大金です。

そんな「髭の脱毛施術はまだ金額的にちょっと…」という方には、抑毛ローションがおすすめ。抑毛ローションなら4,000~6,000円で手に入れることができるため、大学生でも気軽に髭を薄くすることにチャレンジできますよ。また髭が薄くなるだけではなく、抑毛ローションに含まれている成分でキレイな肌も手に入れることも。脱毛中の人のトリートメントとしてもおすすめです。ぜひ一度試してみてはいかがでしょうか。

>>髭を薄く柔らかくする、アフターシェーブローション比較はこちら

ページの先頭へ