髭は不潔?いや、むしろ汚いらしい

高校生になった頃から髭が濃くなり始め、現在も髭が濃いことに悩んでいる男性が多いのではないでしょうか。なんとか髭を薄くできないかと日々様々な方法を試している方もいるようです。

このページでは、髭に関するイメージや女性からの印象などをまとめました。お手入れ方法も紹介しているので、髭を薄くする方法としてチェックしてください。

髭はトイレ以上に汚いらしい

アメリカの臨床検査サービス大手である「クエスト・ダイアグノスティクス」で微生物学が専門のジョン・ゴロビック氏が、髭には本人が思う以上のバイ菌が付着しているという調査内容を発表しています。
(参考元:metro.co.uk「Some beards are so full of poo they are as dirty as toilets」より)

その内容によると、調査に参加した複数の男性の髭を綿棒でこすって菌の付着具合を調べたところ、そのうち数名の髭にトイレの便座や便器ほどの量の細菌が付着しているのを確認したそうです。

もしも、それほど多くの菌が生活水などに含まれているのを発見した場合、すぐに配水の中止・回収をしなければならないほどであることも説明しています。無意識のうちに何回も髭を手で触っていることが一因とのことなので、オシャレで髭を生やしている方は注意が必要です。

また、この調査で見られた菌は人間の肌に存在する常在菌が多数だったため、菌が多く付着していたからといってすぐに病気になるわけではありません。常在菌にはアクネ菌や表皮ブドウ球菌などがあります。普段は肌を守ってくれるものですが、環境や体調の変化によって肌トラブルの原因になることも。

髭を伸ばすことに問題はありませんが、周囲に不快感を与えないようにするためにも髭は日々清潔に保つべきだと言えます。

女性が髭を嫌う原因は「不潔」「不衛生」

男性にはカッコよくてオシャレと好評な髭を、世の女性たちはどのように感じているのでしょうか。マイナビ学生の窓口編集部が調べたアンケートによると、髭を生やしている男性は好きか苦手かという質問に対し、苦手であると答えた女性が80%以上を占めることが分かりました。
(参考元:「マイナビ 学生の窓口」より)

その「苦手」と答えた方の理由として最も多かったのが「不潔に見える」ことです。ただ生えているだけで不潔に見られるのは心外かもしれませんが、このように多くの女性は髭が映えていることを不潔だと感じています。理由をもっと掘り下げていくと、「食事や手入れに気をつかってなさそうだから不潔・不衛生」というイメージが先行しているようです。

髭は食べカスや飲み物が付着しやすく、ふき取らずに放置していると雑菌が繁殖して不潔になってしまいます。また、日常生活で色々な場所に触れた手が脂や汚れなどを髭にくっつけてしまうため、不潔な状態になってしまうのです。

女性の心をつかむ髭にするには、毎日清潔に整えておく必要がありそうですね。

「髭が汚い…」と思われないためにできること

前述したマイナビのアンケートによると、男性の髭を苦手としている方のうち、何割かが「似合っていないから好きじゃない」と回答していて、似合う髭であれば受け入れられる可能性があるようです。そこで、女性はどんなタイプの髭を嫌い、どういう髭を良いと思うのか調べてみました。

微妙な剃り残しが目立つ青髭や特に処理がされていない無精髭、毛の量が多いためモジャモジャに生えたモジャ髭など、人によって髭の状態はさまざまです。そのうち、特に嫌われるのが青髭と無精髭タイプ。「汚く見える」「清潔感がない」「触るとチクチクするのが嫌」というのが女性の意見です。

その一方で、きちんと整えられている髭やこだわりを感じられる髭などは女性にも受け入れられています。しっかり気をつかった髭は女子ウケするので、ムダ毛の処理をしっかり行うようにしましょう。

髭をデザインする

他人に悪い印象を与えない髭対策の一つに、髭をデザインする方法があります。髭は伸ばしているだけだと不潔に見えるもの。デザインに必要な髭だけを残して、要らない部分は短くするか剃るようにしましょう。

若い方や濃い顔の方は、髭全体をある程度の長さにキープするスタイルがおすすめです。長さを均一に整えることで、無精髭をカッコよく見せることができます。

鼻下に生えた口ヒゲは、知的で大人な印象に見せるデザイン。顎ヒゲは口ヒゲより似合う人が多いので、初めて髭を伸ばす方におすすめです。顎ヒゲはさまざまなデザインがあるため、デザインで見た目の印象が変えられます。

頬から輪郭に沿う頬ヒゲは、顔をシャープに見せることが可能。エラの張っている方や顔が大きくて悩んでいる方などにおすすめできます。

正しい髭剃りで綺麗に整える

髭の剃り方一つで、他人に良い印象を与えられるようになります。そのために、正しい髭剃りをするようにしましょう。

カミソリ・シェーバーを使って髭を剃る場合、まずはお湯で髭を蒸らすように温めながら時間をかけて洗顔するか、蒸しタオルで髭をふやかしておくようにしましょう。次に、石鹸かシェービングフォームで顔表面の滑りを良くさせておきます。剃るときは、肌を傷つけないように自分の毛の流れに沿う形で行いましょう。

電気シェーバーを使う場合は、顔を洗って水分を軽く拭き取ります。肌の弱い方はシェービングフォームを顔に塗っておくといいでしょう。肌の強い方や、髭の薄い方は塗らなくても問題ありません。剃るときは、毛を下から上に立てるように毛の流れとは逆方向に剃るといいでしょう。最後に、顔を洗って終了です。

「ただしイケメンに限る」という事実

ここまで、髭がキレイに見えるデザインや剃り方などをお伝えしてきました。しかし、髭は「似合っていればいい」「イケメンなら無精ひげでもかっこいい」といった女性の声があり、もてはやされる髭面は一部の男性に限られてしまうのも事実です。

髭は基本的に女性受けが悪いもの。好きという方でも、芸能人や似合う方の髭を見て判断している人が多いのです。そのため、一般人の髭に対して女性の多くが苦手意識を持っているのは間違いないと言えるでしょう。

また、日本人は顔立ちが薄く、顔のホリの浅い方がほとんどなので、髭を生やしたときにワイルドな印象になりにくいと言えます。もともと髭が薄い方は、毛の一本一本が細く密度が足りないため、髭をカッコよく見せるのが難しい場合も。

このような方が安易に髭を生やしてしまうと失敗することになります。これらのことから、自分の髭に自信やポリシーがない限り、髭は生やさないのが無難だと言えるでしょう。

世の大半の男性は「髭を薄くする」ことを考えるべし

髭は衛生面に気をつける必要があり、似合う髭にするにも剃り方・デザインなどをきちんと考える必要があります。しかし、その努力して整えた髭も、女性の「似合わない」という一言に一刀両断されてしまうのです。そのため、髭が似合う方や髭にポリシーがある方以外は、毎日しっかりと剃るのが一番良い選択でしょう。

毎日髭剃りをしっかり行うだけでなく、根本的に髭を薄くすることを考えることも大切です。髭が薄くなると髭剃りにかける時間や費用が減り、肌の状態を改善できるメリットがあります。肌の状態が整うことで不潔や不衛生といった印象がなくなり、女性受けが良くなる可能性も。

毛深いというコンプレックスからも開放されるため、気持ちが晴れやかになって自分に自信が持てるようになります。毎日の髭剃りはもちろんのこと、根本的に髭を薄くする方法について考えてみるといいでしょう。

>>髭を撲滅して、キレイな肌を手に入れる方法とは?

ページの先頭へ