豆乳発酵液で髭が薄くなる?

ここでは髭を薄くすることで知られる成分のなかでも、豆乳発酵液について詳しく見ていきましょう。豆乳発酵液とは何かできていて、どのような成分なのか。どのような特徴があり、髭に対する影響やメカニズム、安全性などはどうなっているのかなどについて解説していくので、「髭が濃い」「髭が生えるのが速い」などでお悩みの方はぜひチェックしてみてください。

豆乳発酵液とは

豆乳発酵液とは、大豆(ダイズ)のタネから抽出した豆乳に乳酸菌などを加え、発酵させた液体のこと。通常は、発酵させた液体にエタノールを足してからろ過したものを精製してつくります。

成分面からみると、豆乳発酵液の特徴はイソフラボンを豊富に含んでいる点です。イソフラボンは肌機能を高める効果があることが知られています。そのため美容液やクリーム、アンチエイジング化粧品など、肌にハリやツヤを与える製品に多く利用されている成分です。

豆乳発酵液の効果

では、豆乳発酵液は髭に対してどのような影響、効果をもたらすのでしょうか。

まず、髭への豆乳発酵液のもっとも大きな効果は、含有されているイソフラボンがエストロゲンと同じはたらきをする効果です。女性ホルモンにはエストロゲンとプロゲストロンの2種類があり、このうち髭などの抑毛作用をもっているのがエストロゲン。エストロゲンが増えることで、男性ホルモンを抑制することができます。

つまり、イソフラボンをからだに摂り入れるということは、女性ホルモンによる抑毛作用が期待できるというわけ。髭が濃くなる原因は男性ホルモンの分泌が増えすぎ、発毛を促進してしまうことですから、その原因を根本的に解決してくれる成分がイソフラボン、ひいてはそれをたっぷり含有している豆乳発酵液ということです。

また、疑似女性ホルモンとはいえ、同じはたらきをするイソフラボンが増えることは、抑毛効果以外にもさまざまなメリットをもたらします。たとえば、皮ふの水分量の調整力を高めたりコラーゲンの生成を促進したり、メラニン色素の生成を阻害したり…などなど、肌にハリを与える、保湿で肌をうるおす、美白・美肌をキープする、といった効果がある点も豆乳発酵液のうれしいところでしょう。

男性・女性にかかわらず、エストロゲンは加齢とともに減少していきます。とくに中高年層の方には、「美肌ホルモン」ともいわれるエストロゲンと同様のはたらきのある、イソフラボンは必須成分なのです。

豆乳発酵液が髭に与える影響

前述のように、豆乳発酵液が髭へ与える影響は、エストロゲンと同じ作用のあるイソフラボンのはたらきによるものです。

エストロゲンは人間のからだのなかでつくられますが、男性の場合は女性に比べるとその生成量は圧倒的に少なくなります。髭の濃さには遺伝的要素も多分に関係していますが、性ホルモンバランスの影響も少なくないのです。女性に髭が生えなくて、男性に生えるのはそのためです。

体毛は毛母細胞が増殖することで伸びていきます。男性ホルモンには毛母細胞を活性化させるはたらきがあるため、体毛の発育を促進する男性ホルモンの分泌が増えれば、そのぶん、髭も濃くなってしまうのです。

その男性ホルモンの分泌を抑制する作用があり、髭を少しずつ薄くしていってくれるのが、エストロゲンと同じはたらきをするイソフラボン。そのイソフラボンを豊富に含んでいるのが豆乳発酵液ですから、豆乳発酵液には髭を薄くする効果はある、といってもいいでしょう。

毛母細胞と毛乳頭を包み込んでいる毛包の活動を弱めるはたらきが、エストロゲンにはあります。これと同じ作用のあるイソフラボンが増えれば、髭の発毛も弱まり、抑毛効果があらわれるのです。

エストロゲン以外にも多くの抑毛作用が

また、エストロゲン現象による直接的なはたらき以外にも、間接的な抑毛作用が期待できるのも、豆乳発酵液の特徴のひとつ。

たとえば、豆乳発酵液に含まれるイソフラボンには高い保湿効果があります。ヒアルロン酸の生成を促進する作用もあるため、たっぷりと肌に水分をとどめておくことが可能に。肌が常にうるおう状態をキープできることで、男性ホルモン分泌を促進する要因のひとつである肌ストレスから皮ふを守ることができるのです。

さらにいうと、豆乳発酵液は豆乳よりも分子が小さいという利点もあります。乳酸菌で発酵させているため分子が微細化されており、角質など、豆乳分子では通りにくい層もスルスルと突破。肌の深層まで浸透しやすい、というメリットも。毛穴の奥の毛根、毛乳頭、毛母細胞など、髭を濃くする悪の枢軸をダイレクトに直撃できる、高い攻撃力を有しています。

効果実感には時間が必要

ただし、豆乳発酵液は、すぐに抑毛効果があらわれるものではありません。髭の生え変わる毛周期にはたらきかけ、徐々に成長サイクルを遅らせることで薄くしていきますから、豆乳発酵液で抑毛効果をえるには数か月スパンで考える必要があります。ムダ毛を溶かす除毛クリーム・脱毛クリームのように、使えばすぐに効果を実感できるものではないのです。

使い続けることで髭の発育が遅くなり、やがて髭を剃るペースも減ってきます。いかに根気よく使い続けられるかが、豆乳発酵液を上手に活用するポイントでしょう。

飲むだけじゃなく肌に塗るのも大事

なお、抑毛効果を期待する場合、豆乳発酵液は経口摂取するだけは、十分にその効果をえることはできません。直接、肌に塗布するほうが、ダイレクトに豆乳発酵液の抑毛効果を効果をえることができます。

イソフラボンを数か月間、一定の量を経口摂取することで、肌にハリ・ツヤが生まれる、シワが減る、更年期障害が改善する、といった検証結果が多く報告されています。しかし、経口摂取で体毛が薄くなったという研究はあまり見うけられません。

豆乳には豆乳サポニンという成分も含まれています。肌に塗布する経皮摂取だと、この豆乳サポニンが皮ふの汚れや毛穴の汚れを洗い落とし、イソフラボンを浸透しやすくさせてくれるのです。豆乳サポニンは、水分や油脂に溶け込みやすいうえ油脂を浮かせるという作用があり、油っぽい男性の肌の肌とも相性がいいのも魅力です。

また、豆乳発酵液を直接塗る場合は、飲みすぎによる豆乳の過剰摂取のリスクもありませんし、安全に抑毛対策することができます。

豆乳発酵液服用時の注意点

豆乳発酵液はもともとが大豆ですから、副作用や有害物質などの危険性はほとんどありません。肌に直接塗っても、荒れるようなこともなく、安全に利用することができます。

豆乳は飲みすぎるとお腹がゆるくなってしまうケースもありますが、豆乳発酵液を使った抑毛ローションならその心配もなく、安心して髭・顔にも使えるでしょう。豆乳の場合は、豆乳イソフラボンの摂取目安が1日あたり70~75mg。無調整豆乳200ml中であればおおよそ68mgのイソフラボンが含まれていますので、コップ1杯分という計算になります。

そもそも、日本人は日ごろから納豆や豆腐、みそ汁などの大豆食品からイソフラボンを摂取しているため、経口摂取する場合、実際はコップ1杯分よりも少ない分量が望ましいでしょう。ですが、大豆アレルギーのある方はそちらのほうも注意が必要です。経口摂取にしても経皮摂取にしても、大豆と同じようなアレルギー反応がでる可能性があります。大豆アレルギーの心配のある方は、医師に相談したうえで使用するようにしてください。

また、イソフラボンの摂取は女性ホルモンを増やすのと同じですから、男性ホルモンの役割である筋肉をつくる機能などは一時的に落ちてしまうかもしれません。

これらの点を頭に入れたうえで、豆乳発酵液を利用するようにしてください。

豆乳発酵液の実力

豆乳発酵液は大豆由来の成分であり、その効果も大豆に準ずるものと考えていいでしょう。

むしろ、乳酸菌などを加えて発酵させたことで、そのパワーは上昇したともいえます。乳酸菌の力で分子構造が微細化されることで、皮ふの奥の毛乳頭や毛包にまで成分がしっかり浸透。イソフラボンが女性ホルモンの役割をしてはたらきかけることで、男性ホルモンによる髭の発毛サイクルの促進を妨げる効果が高くなります。

また、直接的に髭の発育サイクルに影響を与えるだけでなく、保湿効果や美白効果、ヒアルロン酸生成促進作用などもあり、髭の生えにくい肌に体質改善できるという側面も。抑毛ローションなどであれば摂取過剰になることもなく、安全に安心して使うことができる点も魅力です。

そのほか、髭を薄くする成分を一挙紹介!
ページの先頭へ