髭を薄くする方法GUIDE(HOME) » ホルモン分泌をコントロール!髭を濃く&薄くする成分まとめ » 女性ホルモン・エストロゲンを増やして髭を薄くする方法 » 髭を薄くする!?女性ホルモンを増やす食べ物・レシピ

髭を薄くする!?女性ホルモンを増やす食べ物・レシピ

女性ホルモンを増やす食材とは?

脱毛を予防したり、髭を薄くしたりといったさまざまな美容効果を持つ「大豆イソフラボン」。大豆の胚芽部分に含まれるポリフェノールの一種であり、女性ホルモンの一種であるエストロゲンに似た作用を持っています。

自然界に存在するさまざまなポリフェノールのうち、女性の体を女性らしく、さらに男性の薄毛を予防してくれる効果を持つものが大豆イソフラボンです。体の錆びつきを予防する抗酸化作用もあるため、アンチエイジングにも広く用いられています。

大豆イソフラボンを継続的に摂取すると、更年期障害の対策など体の内部に関わる効果のほかにも、薄毛や抜け毛予防、あるいは次々と生えてくる毛の予防(抑毛効果)なども期待できます。

大豆イソフラボンの摂取以外の方法として、髭などの体毛を薄くするためにはホルモンバランスを整えるのが効果的であるとされており、さまざまな成分が注目されています。 それでは早速、女性ホルモンを増やす成分や、ホルモンバランスを整えてくれる成分について詳しく見ていきましょう。

大豆イソフラボンを含む食べ物

大豆製品(豆腐・納豆・みそ・しょうゆ・厚揚げ・豆乳・きな粉など)には大豆イソフラボンが含まれています。女性がイソフラボンを摂取すると、体内でエストロゲンに似た作用をもたらすため、濃くなった体毛や髭などを薄くする作用が期待できます。

大豆イソフラボンは豆腐半丁(200g)で約40mg、納豆1パック(40g)には約35mg、きな粉大さじ1杯(10g)では約10mg、豆乳(成分無調整)は200mlで約30mg~50mgが含まれています。一日あたり約70mg~75mgの摂取が望ましいとされているため、過剰摂取には注意が必要です。

大豆イソフラボンは大豆製品にしか含まれていませんが、いろいろな食材を組み合わせることによって一日の必要量を補うことができます。また不足分はサプリメントから補うこともできるので、うまく食品を組み合わせて、体内に女性ホルモンを補っていきたいところです。

かぼちゃ

かぼちゃには抗酸化作用をもたらす若返りの栄養素「ビタミンE」が豊富に含まれています。ビタミンEには脳下垂体や卵巣に働きかけてホルモンの分泌をコントロールする役割があるため、女性ホルモンのバランスが乱れている時に最適な食材です。

また、かぼちゃにはビタミンEと同じく抗酸化作用を与えるβカロテンも豊富であり、相性の良いビタミンEとβカロテンの両方を同時に摂取できる食材として知られています。

卵は栄養価が高く、栄養バランスにもすぐれた食材として知られています。良質なコレステロールを含んでいるため、体内に入ると女性ホルモンの材料となり、ホルモンバランスが整いやすくなります。

女性ホルモンは、たくさん分泌させれば良いというわけではなく、バランスが重要になります。日々変動するホルモンバランスをうまく整えるためにも、卵は定期的に摂取していく必要があるでしょう。

キャベツ

緑黄色野菜の定番であるキャベツには、女性ホルモンを増やすボロンという成分が含まれています。ボロンは体内でホルモンバランスを調整する役割もあるため、かぼちゃと組み合わせたり、卵と一緒に調理するなどして、上手に食事に取り入れていきたい食材です。

ナッツ類

ナッツ類には美肌効果があることで知られていますが、体内に入ると女性ホルモンのバランスを整える作用があります。男性がナッツを食べる場合でも、体内に微量に分泌されている女性ホルモンのバランスを整えてくれるので、髭が濃くなりすぎたり、男性ホルモンの過剰分泌が気になる時にも役立ちます。

女性ホルモン増加に効果的なレシピ

ここからは、大豆やかぼちゃ、ナッツ類などを含んでいる食材を中心とした、男性ホルモンの分泌を抑えるレシピを紹介したいと思います。

キャベツとわかめの卵とじ

新鮮なキャベツとミネラルが豊富なわかめ、さらに栄養価の高い卵を使った一品です。キャベツは生のままに近くても美味しくいただけるので、火を通しすぎないように注意しましょう。手軽に作れて、しっかりとした歯ごたえを楽しめます。

【材料】

  • キャベツ:1/4個
  • わかめ(乾燥):3g
  • 卵:1個
  • 水:3/4カップ
  • サラダ油:大さじ1/2
  • しょうゆ:適量
  • めんつゆ(3倍濃縮タイプ):大さじ3

【手順】

  1. キャベツはきれいに洗い、食べやすい大きさにカットする。
  2. わかめは乾燥タイプのものは水で戻し、同じく食べやすい大きさにカットする。
  3. 鍋に油を熱し、キャベツを炒める。キャベツがしんなりしてきたら、水・めんつゆ・しょうゆ・わかめを加え、3分~5分ほど煮る。
  4. 溶き卵を回しがけしながら加えて、半熟状になったら火を消してできあがり。

かぼちゃの豆乳ポタージュ

かぼちゃと玉ねぎの甘みを活かしたポタージュです。豆乳をそのまま飲めない方にも飲みやすいうえ、冷製にしても美味しくいただけます。

【材料】

  • かぼちゃ:300g
  • 玉ねぎ:1/2個
  • 豆乳:150ml程度(お好みで足してもOK)
  • 水:200ml
  • サラダ油:適量
  • 塩:適量

【手順】

  1. かぼちゃはわたをきれいに取り、皮をこそぎ取って5mm幅に切る。玉ねぎは薄切りに。
  2. 鍋に油を熱し、玉ねぎをしんなりするまで炒める。
  3. 鍋にかぼちゃを加えて、油が全体に回ったところで水を注ぐ。
  4. 全体を柔らかくなるまで煮ながら、塩で味を整える。
  5. 中身をミキサーやフードプロセッサーなどに移して撹拌(かくはん)し、豆乳と混ぜ合わせて好みの濃度にしたらできあがり。

無限かぼちゃ

ご飯やお酒のお供としてずっと食べていられるかぼちゃの副菜のレシピです。簡単にすぐに食べられるおつまみで女性ホルモン増進に努めましょう。

【材料】

  • かぼちゃ:1/4個(約200g)
  • ツナ缶:1/2缶
  • 中華だし(顆粒):小さじ1
  • ごま油:小さじ1/2
  • 砂糖:小さじ1/4
  • 塩:適量
  • 胡椒:適量
  • ごま:大さじ1/2

【手順】

  1. かぼちゃの種を取り除き、2~3cm角に切る
  2. 大きめの耐熱皿にかぼちゃと「ツナ缶」「中華だし」「ごま油」「砂糖」「塩」「胡椒」を入れてラップをする。
  3. (2)を600Wのレンジで5分間加熱する。
  4. 加熱後全体を混ぜ合わせ、もう一度ラップをする。
  5. (4)を600Wのレンジで3分間加熱する。
  6. レンジから取り出し、楊枝を刺してやわらかくなっているかを確かめる。問題なければ仕上げに胡麻を加えて完成。

ナッツ入りの卵焼き

女性ホルモンを整えてくれるナッツ類を栄養価の高い卵でくるんだ卵焼きです。しっかりと活力を与えてくれるため、朝食のメイン食材や夕食の副菜にぴったりです。

【材料】

  • 卵:2個
  • ナッツ(アーモンド、クルミ、カシューナッツなど):30g
  • オリーブ油:適量
  • 塩:適量
  • 胡椒:適量

【手順】

  1. ボウルに卵を割り入れ、菜箸で切るように混ぜ合わせる。
  2. ナッツは細かくみじん切りにする。
  3. (1)にナッツ、塩、胡椒を加えてよく混ぜ合わせる。
  4. 熱したフライパンにオリーブオイルを加え、フライパンに十分油が回ったら余ったオリーブオイルはもとに戻す。
  5. フライパンに具を入れた卵液を半量ほど入れて巻き込みながら焼いていく。
  6. 残りの卵液をフライパンに加え、(5)の卵焼きを持ち上げて下に流し込み、固まってきたら巻き込んでできあがり。

大豆とキャベツのベーコン蒸し

大豆イソフラボンと、女性ホルモンを増やしてくれるボロンが多く含まれるキャベツをたくさん摂れる料理です。ベーコンが入っているのにヘルシーな料理に仕上がるのがポイント。

【材料】

  • キャベツのせん切り:80g
  • 大豆の水煮:1袋(155g)
  • ベーコン:3枚
  • 塩:適量
  • 黒こしょう:適量
  • エクストラバージンオイル:大さじ1

【手順】

  1. ベーコンを2mm幅の千切りにする。
  2. フライパンにエクストラバージンオイルを敷いてベーコンを炒める。カリッとした触感になるくらいがポイント。
  3. 耐熱容器にキャベツの千切りを敷き詰め、その上に(2)のベーコンを油とともに投入する。
  4. (3)の上に大豆の水煮を乗せ、塩・黒胡椒を加えて全体をかき混ぜる。
  5. 耐熱容器にラップで蓋をして500Wの電子レンジで5分ほど加熱する。

キャベツとカボチャのコクうまスープ

野菜を取り入れるための最も有効な手段として挙げられるのが、スープにすることです。大きめに切った野菜をたくさん食べることで、満腹中枢が刺激され糖質制限にもつながります。

【材料】

  • オクラ:5本
  • かぼちゃ(小):1/4個
  • キャベツ(ざく切り):1/8玉
  • 卵:1個
  • オイスターソース:大さじ2/3
  • 醤油:大さじ2/3
  • 中華だし(顆粒):大さじ1
  • ごま油(仕上げ用): 適量
  • 水:500cc

【手順】

  1. 野菜を切る(キャベツはざく切り、オクラは2cm幅の斜め切り、カボチャはひとくち大)。
  2. (1)をレンジで2分ほど加熱する。
  3. フライパンにサラダ油を注いで熱し、キャベツを炒める。
  4. カボチャを加えて炒める。
  5. カボチャに油がなじんだらオクラを加えて火を通す。
  6. 水と中華だし(顆粒)を加えて沸騰させる。
  7. 沸騰したらオイスターソースと醤油を加える。
  8. 溶き卵をゆっくりとかき混ぜながら流し入れる。
  9. ごま油を少し加えて香りづけをする。

キャベツとねぎの卵スープ

手軽に、食事に一品添えることができるスープです。和風の食事に合わせて食べやすい薄味のレシピとなっています。

【材料】

  • キャベツ:30g
  • ねぎ:10g
  • 溶き卵:1個分
  • 和風だしの素:1本(6g)
  • しょうゆ:大さじ1
  • 酒:大さじ1

【手順】

  1. キャベツをざく切り、ねぎを小口切りにする。
  2. 鍋に水を沸かし、野菜、和風だしの素、しょうゆ、酒を入れる。
  3. 溶き卵を加えてさっと混ぜる。
    髭を薄くする抑毛ローション徹底比較
  • プレミアムアフターシェイブローション
    2ヶ月分の料金 / 本体価格 4,666円 / 4,666円
    1本を使い切るまでの目安 2ヶ月
    ダイズ種子エキス含有 〇
    ダイズ芽エキス含有 〇
  • NULLアフターシェーブローション
    2ヶ月分の料金 / 本体価格 4,980円 / 4,980円
    1本を使い切るまでの目安 2ヶ月
    ダイズ種子エキス含有 〇
    ダイズ芽エキス含有 ×
  • パイナップル豆乳ローション
    2ヶ月分の料金 / 本体価格 5,400円 / 2,700円
    1本を使い切るまでの目安 1ヶ月
    ダイズ種子エキス含有 〇
    ダイズ芽エキス含有 ×