髭を薄くする方法GUIDE(HOME)/ ホルモン分泌をコントロール!髭を濃く&薄くする成分まとめ

ホルモン分泌をコントロール!髭を濃く&薄くする成分まとめ

髭の濃さ・多さとホルモンは密接な関係にあります。ここでは男磨きの探求メディア『Mustache(マスタッシュ)』ヒゲ部が、髭の濃さを決めるホルモンの秘密を徹底解説!

ホルモンで髭の濃さはコントロールできるってホント?

男性ホルモン・女性ホルモンがあなたの髭の濃さを左右する!

「どうしてオレだけこんなに髭が濃いんだろう…」「髭さえ薄くなればもっと積極的になれるのに!」そんな濃い髭男子なら知っておきたいのが、髭とホルモンの関係。男性ホルモンである「テストステロン」、そして女性ホルモンである「エストロゲン」が、髭の濃さを左右しているんです。

カンのいい方ならもうお気づきでしょうか。そう、ホルモンをコントロールすれば、髭を濃くしたり薄くしたりすることができるんです。ここでは、髭を濃くしたり薄くしたりするための成分について解説しています。

髭を濃くする男性ホルモン「テストステロン」

テストステロンをうまく減らせば、髭は薄くなる!

髭が濃くて、ちゃんと剃っても夕方には青髭が…。そんな悩みの元凶は、テストステロンという男性ホルモン。

テストステロンは、男性ホルモンの9割を占める、いわば男性ホルモンの中心。髭を伸ばすだけでなく、体格を良くしたり、筋肉をつけたり、髭以外の体毛を濃くするのもテストステロンの役割。

このテストステロンを上手に減らせば、髭が伸びるのを遅くすることができます。では、テストステロンが増えてしまう原因はどこにあるのでしょうか?

>>男性ホルモン・テストステロンに関わる成分とは?

髭を薄くする女性ホルモン「エストロゲン」

上手にエストロゲンをコントロールしよう!

逆に、髭を薄くする効果があるのが女性ホルモンである「エストロゲン」。これは男女どちらも分泌するもの。エストロゲンが多く分泌されると、テストステロンは減少します。女性に髭があまり生えないのは、このため。女性でも、男性ホルモンが増えると髭が生えることがあります。

では、男性もこのエストロゲンを使って、髭を薄くすることができるのでしょうか?エストロゲンをコントロールする方法をまとめました。

>>髭を薄くする女性ホルモン・エストロゲンとは?

その他、髭を薄くする成分を解説

世の中には、髭を薄くする効果のある成分も存在します。そのなかでも、とくに抑毛評価の高いのが、「ダイズ種子エキス」「豆乳発酵液」「ノコギリヤシ」「亜鉛」の4つ。こららの成分について、詳らかにしていきましょう。

ダイズ種子エキス

髭を薄くする成分として知られる、ダイズ種子エキス。ダイズ種子エキスは説明するまでもなく、大豆の種から抽出された成分ですが、「大豆に抑毛効果がある」といわれてもピンとこないかもしれません。

ダイズ種子エキスにはイソフラボンが豊富に含まれています。このイソフラボン特有の特性が、女性ホルモンと同じはたらきをする点。この特性を利用し、髭を薄くすることができるというわけ。

また、直接的に髭を薄くする効果があるだけなく、イソフラボンならではの保湿効果や美肌効果によっても抑毛作用がえられるという、1粒で2度、3度とおいしいのもダイズ種子エキスの特徴。複合的に髭を薄くする効果が期待できる、ポリバレントな成分なのです。

ダイズ種子エキスが髭を薄くする効果について詳しくはこちら

豆乳発酵液

豆乳発酵液もダイズ種子エキスと同様、マメ科の1年草・大豆由来の成分です。ダイズ種子エキスとの違いは、大豆の種から搾取した豆乳を発酵させている点。

豆乳に乳酸菌などを加えて発酵させた培養液にエタノールを加えて、ろ過したエキスなので、より手間がかかっているといえるでしょう。成分的にもイソフラボンがメインで、ダイズ種子エキスと同じような髭を薄くする効果がえられます。

ダイズ種子エキスとの大きな違いは豆乳発酵液のほうが、分子がとても小さいところ。これは乳酸菌の力により、分子構造が微細化されているから。そのため、皮ふの奥の層までスルスルと浸透し、髭の発育をつかさどる毛包にまで直接成分を届けることができる点が特徴です。

豆乳発酵液が髭を薄くする効果について詳しくはこちら

ノコギリヤシ

ノコギリヤシは、髪の毛の育毛効果のある成分として知られていますが、実は髭を薄くするなど、抑毛効果があることでも近年、注目されている成分。

その効果についてはいぶかしがる声もありますが、欧米を中心に近年は男性ホルモンへ影響することが研究・発表されてきており、抑毛成分として無視できるものではなくなってきています。たとえば、ヨーロッパでは男性ホルモンが原因である、前立腺肥大症の改善効果がえられたという研究結果が報告されているのをはじめ、「伝統生薬製剤の欧州指令」によって医薬品に指定されるなど、薬成分としての市民権をえています。

前立腺肥大症と同じ男性ホルモンが原因の髭の悩みついても、ぜひ活用したい成分のひとつなので、そのメカニズムや安全性などについても知っておいたほうがいい成分です。

ノコギリヤシが髭を薄くする効果について詳しくはこちら

亜鉛

金属の一種であるものの、人体に必要な必須ミネラルでもある亜鉛も、髭を薄くするはたらきのある成分として知られています。新陳代謝やエネルギー代謝、免疫反応、味覚などに影響を与える成分で、欠乏してしまうとさまざまな障害をもたらします。

亜鉛が不足したからといって、直接的に髭が濃くなるというわけではありません。しかし、亜鉛をしっかり摂取することで、髭を薄くすることはできるのです。ここでもクローズアップされるのが、男性ホルモンの存在。

亜鉛が男性ホルモンにどう影響するのか。それを知ることで、亜鉛が抑毛にも欠かせない成分がわかってくるはずです。あわせて、亜鉛がどのような食品に多く含まれていて、1日あたりどれくらい摂取することが望ましいのかを知っておきましょう。

亜鉛が髭を薄くする効果について詳しくはこちら

髭が濃いし肌も弱い、どうすりゃいいの!?

脱・カミソリ負け!保湿成分で徹底的にケア

髭が濃いメンズの悩みは、見た目だけではありません。濃いから髭は剃らなくちゃいけないけど、肌が荒れる。そんな濃い髭&弱肌男子は、毎朝がカミソリ負けとの戦いです。

髭の濃さとカミソリ負けを同時に解決するための方法はないものか?編集部が徹底調査した結果、見つけた解決法とは…?ここでもホルモンが大活躍するんです!

>>髭が濃い&肌が弱い人が必須の保湿成分とは?

ページの先頭へ