殿肌アフターシェーブローション

男の悩みに寄り添うメディア『Mustache(マスタッシュ)』ヒゲ部による抑毛ローション特集。このページでは殿肌アフターシェーブローションをご紹介。選ばれる4つの理由や口コミ評判を掲載しています。

殿肌アフターシェーブローション商品紹介ページ画像

引用元:楽天市場(https://item.rakuten.co.jp/cocokaracare/cc_5964/)

女性が開発した!殿肌アフターシェーブローション

殿肌アフターシェーブローションは、濃い髭に悩まされる男性に向けて作られたアフターシェーブローションですが、その開発者は女性というから驚きです。

開発した女性は、もともと女性が使うムダ毛用の除毛剤の開発メーカーで働いていたというN.Yさん。除毛剤の開発に取り組んでいた彼女はもちろんムダ毛反対派でした。しかし、彼女の夫は体毛や髭の濃い剛毛体質だったのです。そんな夫を救うべくN.Yさんが開発したのが剛毛に対抗してくれるアフターシェーブローション「殿肌アフターシェーブローション」でした。

女性のムダ毛除毛のノウハウを応用しつつ、男性の体質にも合うように配慮して作られたこのアフターシェーブローションは、モニター使用満足度約92%という高いスコアを記録しているそう。※殿肌アフターシェーブローションのメーカー調べ。150人中138人が使い続けたいと回答。

殿肌アフターシェーブローションの4つのメリット

高い満足度を誇る殿肌アフターシェーブローションには、具体的にどのようなメリットがあるのでしょうか。ここでは、4つのポイントに絞ってご紹介します。

【1】髭をブロックしてくれる成分がしっかり含まれている

殿肌アフターシェーブローションに含まれている大豆イソフラボン、ザクロエキス、パパインなどの成分はすべて高い抑毛効果で知られるものばかり。ほかにアカヤジオウ根エキス、サリチル酸、尿素などを取り入れることで肌の調子を整えながら頑固な髭をしっかりと押さえてくれます。これらの成分をしっかりと配合しているのが殿肌アフターシェーブローションのメリットです。

【2】保湿成分がたっぷり含まれている

肌をきれいに保つためにローションを使いたいと考えている男性にも、殿肌アフターシェーブローションは良い作用があります。殿肌アフターシェーブローションに含まれる加水分解コラーゲンやヒアルロン酸Na、カミツレ花エキスといった成分はいずれも保湿効果の高いものばかり。女性用の美容用品を作っていたN.Yさんが開発した商品だからこそ、保湿における信頼性は折り紙つきといえるでしょう。

【3】毛穴をしっかり引き締めてフラットな状態にしてくれる

毛穴から覗く毛根が髭を剃った後も覗いていては、青髭となって残ってしまい清潔感がないと捉えられてしまう可能性があります。そのような状態を改善するためには毛穴を引き締め、毛根が見えないよう防がなければなりません。

ハマメリス水、キシリトール、レモンエキスといった成分が毛穴を引き締めてフラットな状態にしてくれます。

【4】カミソリ負けにしっかり対抗

アフターシェーブローションにカミソリ負けへの対処効果を期待している方は少なくないでしょう。殿肌アフターシェーブローションはアーティチョーク葉エキス、ノイバラ果実エキスといった美容成分で傷んだ肌をしっかりと癒し、きれいな見た目を保ってくれます。きれいな肌になることで自分の表情に自信が持てるようになり、普段の生活にも変化が現れるでしょう。

殿肌アフターシェーブローションの口コミ・評判

殿肌アフターシェーブローションを実際に利用した方の口コミ・評判を見てみましょう。

  • 濃い髭がコンプレックスで、学生時代から悩んでいました。ですが、特に何もしないまま社会人に…。彼女ができたのをきっかけに、嫌われないようにと髭への対処方法を調べ、殿肌アフターシェーブローションへと行きつきました。最初の頃は肌の調子が何となくいいなと感じる程度でしたが、1本使いきるころには髭が圧倒的に薄くなっていました。彼女と一緒に喜んでいます。
  • 毎日髭を剃った後には殿肌アフターシェーブローションを使わせていただいています。つけただけで肌が潤いを得て喜んでいるのがわかりますね。髭が濃い私は髭そりを一日に何度もしており、それが原因で肌が荒れ気味でした。それが殿肌アフターシェーブローションを使い始めてからはすっかり改善して、きれいになった実感があります。
  • 年を重ねるとともに髭に白いものが混じるように。総白髪ならとりあえず格好が付くものですが少し混じるのは体裁が悪く、かといって永久脱毛をするのも今さら…と悩んでいた時期に、殿肌アフターシェーブローションに出会いました。髭がだんだん薄くなり、細くなっていくことが毎日実感できましたよ。これからも使い続けていきます。

この記事の関連のページ

ページの先頭へ