パイナップル豆乳ローション

鈴木ハーブ研究所のパイナップル豆乳ローションについて、抑毛効果に関する口コミや特徴を調査しました。

パイナップルの力で髭を撃退!パイナップル豆乳ローション

パイナップル豆乳ローションは、ダイズ種子エキスや豆乳発酵液、イリス根エキスなどの抑毛効果の高い成分を多く含むローションです。

製造・販売する鈴木ハーブ研究所は、ハーブを中心に自然の力で健康を取り戻す商品を開発しているメーカーです。天然成分にこだわった製品には定評があります。

パイナップル果汁を中心に、抑毛やスキンケア効果が高いと評判のパイナップル豆乳ローションの特徴をご紹介していきます。

パイナップル豆乳ローションの口コミ・評判

  • 使い始めてから3ヶ月ほどで効果が出始めました。1ヶ月1本使うのでそれなりに費用はかかりますが、効果があったので納得です。
  • 髭剃りあとに、化粧水感覚で使っています。肌がしっとりモチモチになるのがうれしいです。
  • 使い続けるほど、髭の処理がラクになりました。剃りあとのヒリヒリをケアしてくれます。
  • カミソリ負けをしやすい体質ですが、サラサラで使い心地もよく、肌の触り心地が良くなりました。
  • ほかのローションは肌に合わなかったのですが、これだけは大丈夫でした。コンシーラーでも隠せないほどの髭が、目立たなくなりました。

3種類の抑毛成分を配合!

パイナップル豆乳ローションは、ダイズ種子エキス・豆乳発酵液・イリス根エキスの3種類の抑毛成分が配合されています。

ダイズ由来のイソフラボンという成分が、女性ホルモンのようなはたらきをすることはよく知られています。女性ホルモンが増えると男性ホルモンの分泌が減り、髭が薄くなったり、柔らかくなったりします。イリス根エキスにも同様にイソフラボンが含まれており、濃い髭に対してトリプルアタックで対策をすることができます。

パパイヤで髭を分解

パパイヤ由来のパパインという成分も配合されています。これはたんぱく質を何でも分解してしまうというスゴイ成分で、髭を分解するために配合されています。

それでは肌も溶けちゃうのでは?と心配になりますよね。そのために、肌を守る成分もたっぷり配合されています。

肌にやさしい成分も多数配合

前述のイリス根エキスには、ラミニンという成分が含まれています。これは肌の構造を整える基底膜に作用し、肌の潤いを保って弾力のある肌をつくってくれます。

商品名にも含まれるパイナップル果実エキスは、角質細胞間の水分を保つ効果があります。パイナップルセラミドという成分が、肌の乾燥にしっかり作用します。しかもこれは経口摂取より直接肌に塗った方が効果が出るので、ローションに配合されることでより効果的になります。

テトラヒドロピペリンという成分は、ほかの有効成分の浸透力を高める効果があり、効率よく美容成分を吸収できるようになります。

パイナップル豆乳ローションの実力は?
人気抑毛ローション7商品を徹底比較結果はこちら▶

辛口女子の意見もチェック!

パイナップル豆乳ローション

香り:☆☆

パイナップルとか豆乳のニオイはしないですね。少しアルコールの香り?気になる人はけっこう気になるかもしれないですね。

パッケージデザイン:☆

かわいくて好きですけど、これが彼氏の家にあったら「浮気してるでしょ!」ってなっちゃうかな?女性でも使えるってところはいいんですが…。

テカリ度:☆☆☆

このテクスチャなら当然かもしれませんが、肌馴染みが良くてテカりもないのは◎。これならつけていても気にならないですね。

パイナップル豆乳ローションの評価とは?
辛口女子の抑毛ロ―ション品評会結果はこちら▶

ページの先頭へ