ヒアルロン酸

肌を若々しく保つために欠かせない成分「ヒアルロン酸」の特徴や効果について解説。肌に良いとされるヒアルロン酸を配合した髭抑毛ローションについても紹介しています。

ヒアルロン酸とは?

ヒアルロン酸は、グリコサミノグリカン(酸性ムコ多糖類)と呼ばれる成分の一種。人間や動物の体に含まれており、分子が大きく性質がネバネバしているのが特徴です。

ヒアルロン酸がたくさんある箇所は、肌・目・へそ・関節。赤ちゃんの肌のプルプル感は、ヒアルロン酸によるものです。ちなみに酸性ムコ多糖類の「ムコ」というのはラテン語で「動物の粘液」という意味だそうです。

ヒアルロン酸の歴史

ヒアルロン酸が初めて知られたのは1934年。米国のコロンビア大学教授カールマイヤー博士らが、牛の目の硝子体から分離せたことで、認知されるようになりました。

ギリシャ語で硝子体を意味する「Hyaloid(ヒアロイド)」が由来となり、「Hyaluronic acid(ヒアルロン酸)」と名付けられました。それから研究が進み、医薬品や化粧品に用いられるようになったのです。

ヒアルロン酸が髭に与える効果

乾燥肌・小ジワ対策に有効

ヒアルロン酸はかなり保湿力に優れた成分。たった1グラムだけで6リットルの水分を吸収でき、乾燥肌や小じわの改善効果があります。髭剃り後の肌へのダメージを減らせるのも魅力です。

種類別!ヒアルロン酸の特徴と効果

ヒアルロン酸はいくつかの種類に分けられます。

ヒアルロン酸ナトリウム

もっともポピュラーなヒアルロン酸で、さまざまな化粧水に使われています。濃度が高いほど粘度も上がるのが特徴。分子量が大きいので、角質層の奥深くまでは浸透しません。肌の表面に水分の膜を作って、バリア機能を発揮します。

アセチル化ヒアルロン酸

別名スーパーヒアルロン酸と呼ばれる成分です。ヒアルロン酸に油分をくっつけることで、角質層に浸透しやすくなっています。粘性は低くサラサラした手触り。1.のヒアルロン酸ナトリウムより、保湿力も高いのが特徴です。

加水分解ヒアルロン酸

別名、浸透型ヒアルロン酸とも呼ばれる成分。超低分子のヒアルロン酸で、角質層に浸透しやすいのが特徴です。

ヒアルロン酸に関する研究論文

35歳~60歳以下の日本人女性を対象にした調査で、ヒアルロン酸を摂取すると、肌の乾燥が改善することが分かりました。

ヒアルロン酸を摂取して3週間後から徐々に効果があらわれ、最終的に摂取を止めて2週間経っても、水分量はどんどん上昇していくという結果になりました。

(※参考元:(キューピー「ヒアルロン酸の経口摂取による肌の乾燥改善効果」

ヒアルロン酸を配合する髭抑毛ローション

プレミアムアフターシェイブローション

髭抑毛ローションでもっとも人気なのは、「プレミアムアフターシェイブローション」。&GINO(アンドジーノ)から発売している商品で、楽天市場のシェービング部門1位を獲得しています。

配合されているダイズ芽エキスやダイズ種子エキスなどが、髭が生える原因を抑制。髭やムダ毛が生えにくくなるというメカニズムです。濃い髭だけでなく、青髭も解決してくれるのも魅力。

ヒアルロン酸やセラミド成分も含まれているので、乾燥肌から肌をも持ってくれます。肌をキレイに保ちながら髭を薄くしたい方にピッタリの商品です。

NEWコントロールジェルME

20年以上多くの女性に愛されてきた抑毛ローションです。シリーズ類型で68万本も販売してきた実績は、多くの利用者から高評価を受けています。

全国展開している大手のボディケアサロンでも採用されているのが、「NEWコントロールジェルME」の特徴。サロンレベルのクオリティーを、自宅で使用できます。

ダイズ種子エキスやヒオウギエキスといった抑毛成分や、ヒアルロン酸やグリセリンのような保湿成分などが、全部で54種類配合されています。天然成分を主原料としているので、肌へのダメージがありません。

ソランシアローション

ソランシアの抑毛ローションは、ひげ剃り後の毛穴を隠したり、青髭を薄くする効果があります。ソランシアローションは、体全体に使用することが可能です。

ダイズエキスやパイナップルエキス、ザクロエキスと言った抑毛効果の高い成分と、ヒアルロン酸やセラミドなどの保湿成分が配合。使用してすぐに効果が出るという訳ではないので、継続して使用するようにしましょう。髭剃り後やシャワーの後など、肌が乾燥しやすい状況で使うのがおすすめです。

ページの先頭へ