髭を薄くする方法GUIDE(HOME) » 抑毛ローション・抑毛クリーム徹底比較【おすすめ7選】 » カミソリ負けしないヒゲの剃り方

カミソリ負けしないヒゲの剃り方

カミソリ負けしないヒゲの剃り方

Aさんは、小さい頃から毛深く、ひげが濃いのが悩み。仕事へ向かう前には毎朝のようにひげを処理しなければなりません。ひげが濃いため電機シェーバーでは、完全に処理することができず、T字のカミソリで剃っているのですが、しっかり処理しようとすると肌にカミソリを押し付けてしまい、皮膚を傷つけてしまうこともしばしば。Aさんは、なんとか上手く処理することができないのかと悩んでいたのでした。

Aさんのように、ひげを剃る時のカミソリ負けで悩んでいる人の話は結構、耳にすることが多く、このような悩みを解消するためのアイテムもたくさん販売されています。

そこで今回は、カミソリ負けの原因と対処法、そのために有効なグッズについてご紹介。Aさんと同じような悩みを抱えている人はぜひ参考にしてみてください。

抑毛ローションを使って効率的なシェービングを

抑毛ローションを使って効率的なシェービングを

最近、注目されているアイテムの中に「抑毛ローション」というものがあります。こちらは、脱毛ではなく、抑毛であるため、ムダ毛をなくしてしまうのではなく、塗り続けることで少しずつ毛を細くしたり生えてくるサイクルを遅くするという効果があります。これにより、ヒゲを剃るペースが遅くなったり、ヒゲが剃りやすくなり、カミソリ負けを防ぐことができます。

カミソリ負けの原因と対策

カミソリ負けの原因と対策

ここでは、まずカミソリ負けの原因と対策についてまとめていきます。

カミソリ負けとは、体毛を剃る際に、カミソリの刃が当たることで、肌へダメージを与えてしまう現象のこと。主な症状としては、肌がヒリヒリしたり、かさかさしてかゆみが出る、血が出てしまうといったものなどがあります。

原因は、人によって様々ですが、主なものをいくつか紹介していきます。

1つ目は、事前に毛を柔らかくしておかなかったこと。ヒゲなどのムダ毛は、十分に水分を含ませることによって抵抗なく処理することができます。逆に言うと水を含ませて置かなければ処理をする時に反発してしまい、つい力を入れてしまって肌を傷つけてしまうのです。毛を柔らかくする場合は、真水ではなくローションやクリームを使うのがおすすめです。

2つ目は、カミソリの交換をあまりしていないケース。他の刃物と同様、カミソリもしばらく使い続けていると刃の部分がもろくなり、切れ味が悪くなってしまいます。切れ味が悪いとその分、ヒゲを剃るために強く押し当てなければならず、結果として肌を傷つけてしまうことにつながるのです。また、長く使い続けていると衛生的にもよくなく、肌を痛めてしまった時に炎症を起こすなど2次的な被害を被ってしまう可能性があるので注意しましょう。

3つ目は、肌の保湿が足りていないケース。肌が乾燥した状態のまま、カミソリで処理しようとしてしまうと、肌が傷つき炎症を起こしてしまうほか、傷んだ肌を守ろうとしてもっと濃い毛が生えてきてしまうので逆効果になってしまいます。お風呂上りに保湿クリームや暖かいタオルで毛を柔らかくしてから処理するようにしましょう。

4つ目は、逆剃りをしてしまっている場合です。毛の流れに沿って剃るのが一般的ですが、中には根元からしっかりと剃れていないことが気になって毛の流れに逆らって処理している人もいます。そうなると肌の表面が逆立ってしまったりして、カミソリ負けを起こしてしまうことも。何度もカミソリを当てると肌が硬くなってしまったり、赤くなってしまうので注意が必要です。

5つ目は、アフターケアが足りていない場合。意外とこれを怠っている人が多いようです。カミソリで処理し終わったままにしておくと、刺激を受けやすく、乾燥肌になりやすい状態になっているので注意しなければなりません。

このようにカミソリ負けしてしまう理由にはいくつかのことが考えられます。では次に、カミソリ負けしてしまった場合は、どのようにケアすればよいのかを紹介していきます。

1つ目は、患部を冷やすこと。カミソリ負けは、時間差で症状が現れることがよくあります。カミソリで処理した直後はさっぱりしたと思っていても時間がたつにつれ、赤くなってしまったり、ヒリヒリしてしまうことも。そうならないためにも、処理したところを冷やすのがおすすめ。しかし、氷を直接、当てたり熱冷まし用のジェルなどが付いているものは、刺激が強すぎるのでおすすめできません。水に濡れている冷たいタオルぐらいがベストです。

2つ目は、薬を塗るという方法。カミソリ負けがひどくなって赤くなったり、痛みが強くなってしまったりした場合は薬を塗るのがおすすめ。炎症を抑える効果があるステロイドを含んでいる市販の薬を使用するのもよいのですが、皮膚科の専門医に診てもらうのが一番です。

最後の3つ目は、脱毛をしてしまうという方法です。脱毛をしてしまえばその部分からムダ毛が生えてくることもなく、処理する必要がないのでカミソリ負けしてしまう心配もありません。ヒゲをツルツルにしてしまうのに抵抗がある人がいるかもしれませんが、最近では一部分だけ残して脱毛する「デザイン脱毛」というのもあるので、相談してみるのも良いかもしれません。

肌の引きつりを防ぐには抑毛ローションが向いている

肌の引きつりを防ぐには抑毛ローションが向いている

ひげ剃り後のケアをするアイテムとして最近、注目されているのが化粧品の企画・開発・販売を手掛ける株式会社アールスタイルの人気ブランド、アンドジーノの「プレミアムアフターシェイブローション」。ヒゲ剃りの面倒くささを解消したり、カミソリ負けといった悩みを解決することができ、なめらかでスベスベな肌を1日中、キープできると評判です。

大きな特徴は、何といっても手軽にスキンケアができるという点です。シェービングをした後にサッと塗るだけでさっぱりとした使用感のローションタイプ。塗るというワンステップで手入れを終わらせることができます。

    髭を薄くする抑毛ローション徹底比較
  • プレミアムアフターシェイブローション
    2ヶ月分の料金 / 本体価格 4,666円 / 4,666円
    1本を使い切るまでの目安 2ヶ月
    ダイズ種子エキス含有 〇
    ダイズ芽エキス含有 〇
  • NULLアフターシェーブローション
    2ヶ月分の料金 / 本体価格 4,980円 / 4,980円
    1本を使い切るまでの目安 2ヶ月
    ダイズ種子エキス含有 〇
    ダイズ芽エキス含有 ×
  • パイナップル豆乳ローション
    2ヶ月分の料金 / 本体価格 5,400円 / 2,700円
    1本を使い切るまでの目安 1ヶ月
    ダイズ種子エキス含有 〇
    ダイズ芽エキス含有 ×