手作り抑毛ローションで髭は薄くなる?

髭を剃れば剃るほど濃くなって困っているという男性、剃るたびに肌荒れを起こしてしまう男性は多いのではないでしょうか。

このページでは、肌に優しい成分を使用して髭の成長を抑制してくれる「手作り抑毛ローション」について紹介しています。

合わせて作り方や保存方法などもまとめているので、なるべく肌に負担かけない方法で、髭の抑制をしているという方はチェックしてください。

手作りの抑毛ローションで効果はある?

最近では肌のことを考えて「手作り抑毛ローション」が出てきています。しかし、実際に利用した男性の多くがあまり効果を実感できず、最終的に市販のしっかりとした抑毛ローションを購入するという結果に落ち着いているようです。

目に見えた効果を実感できない理由の1つとして、男性の髭は濃いという点が挙げられます。女性のうっすらと生えてしまう毛が細い髭とは違い、男性の髭は1本1本が細い針金くらい強度があるそう。強度が高い髭に自家製で作った抑毛ローションは、毛根や男性ホルモンまで届きにくいようです。

しかし、手作り抑毛ローションで効果を得られたという男性も中にはいるため、一概に「効果はない」とはいえません。

女性のような細い毛質の方は効果が得られるかもしれないので、効き目を知りたい人は一度試してみるのも1つの手。手作りだから余計な成分も入っていませんし、何より肌に優しいというメリットがあるので、試してみる分には良いかもしれません。

しかし、いつ効果が出るか分からないものに費用をかけるより、効果が証明された抑毛ローションを使う方が早く効果が得やすいでしょう。トータルでも費用が抑えられるため、すぐな効果を実感したいなら市販のものを使うのがおすすめです。

抑毛ローションを手作りするメリット

比較的、多くの人が耳にしたことのある豆乳を使用した「豆乳ローション」。

豆乳には、ムダ毛を濃くしてしまう成分エストロゲンの働きを抑制してくれる働きがあります。そのため、髭を薄くしてくれる効果が期待できるのはもちろんですが、豆乳には肌保湿や毛穴レス効果がある大豆サポニンという成分も含まれているので、豆乳ローションを塗ったあとはスベスベの肌になり、まさに至れり尽くせりの手作り抑毛ローションとなっています。

ほかにも、ワキに使用すれば黒ずみが消えるという効果もあるため、多くの部位で効果を実感できるでしょう。

また、市販では金銭面を考えると多い量を使えない人も居ると思います。手作りローションは一度の作成で半年間は持つので、大量に作って保管しておけば用量を気にすることなく使うことが可能です。

抑毛ローションを手作りするデメリット

手作り抑毛ローションのデメリットは、効果を実感できるまでに時間がかかる点。市販で売られている抑毛ローションやクリニックで提供されているレーザー脱毛のように、始めてから髭がポロポロと抜けることはありません。

即効性を求めている方には向いていないものの、周りの人にばれずに地道に改善していきたいという人にはいいかもしれません。

また、ほかのデメリットとして多くの男性の方からは作るのが面倒くさいという点が挙げられています。手作り抑毛ローションにホウ酸を入れれば長持ちしますが、そうなると手順や材料が多くなり手間が増えてしまうのです。

一番簡単な方法で作ると日持ちは2~3週間程度。一見、2~3週間と聞くと「思ったより日持ちする」と思った方もいると思います。しかし、考えてみると2~3週間のスパンで、手作り抑毛ローションを作るのは面倒くさいという人もいるようです。

抑毛ローションの作り方を説明

ここでは、手作り抑毛ローションの作り方を紹介していきます。「まずは試してみたい」と、ちょっとでも興味を持った方は参考にしてみてください。

材料

  • 成分無調整豆乳/250ml
    大豆固形分10%の成分無調整豆乳を用意しましょう。無調整豆乳の方が大豆の成分が残っているので、より効果を実感しやすいと言えます。
  • レモン/1個
    豆乳を液体と固体に分離させるために入れます。市販のレモン汁ではなく、生のレモンを絞ることがポイントです。
  • 消毒用アルコール/大さじ4~5杯
    肌への浸透力を上げ、保存期間を長くするために入れます。しかし、入れすぎると肌の乾燥に繋がってしまうので、容量は守るようにしましょう。
  • ホウ酸/1g
    防腐剤の役割として入れます

必要な道具

  • レモン絞り器
  • お箸
  • ザル
  • キッチンペーパー
  • ボール型の容器
  • 包丁
  • ボトル型の容器

作り方

作り方はそこまで難しくありませんが、重要なポイントとなるのは「衛生面」です。布や鍋は使用する前に無菌の状態に近づけるため、煮沸消毒をするようにしましょう。

  1. レモンを絞る
    レモンを切り、レモン絞り器を使ってレモンを絞ります。この時に注意しておきたい点としては、レモンの皮から出るソラレンが混ざらないようにすること。ソラレンはシミの原因になってしまうので、レモンを絞るまえに皮をむいておくか、ティッシュでレモンを包みながら絞ると良いでしょう。
  2. 豆乳を温める
    豆乳を弱火で加熱していきます。加熱している間は湯葉ができないよう、箸を使ってかき混ぜておくのがベスト。このときに温度が65度以上になると抑毛に効く有効成分が壊れてしまうので、コンロから鍋を離して温度を調節するようにしましょう。
  3. 豆乳にレモン汁とエタノールを入れる
    65度になったらレモン汁を投入。レモン汁を入れた後は軽く混ぜ合わせて、トロトロの状態になったら火を止めてエタノールを加えてよくかき混ぜます。
  4. ボウルとザルを使ってこす
    ボウルにザルを乗せ、その上にキッチンペーパーと布を敷きます。その上に1~3で作った物を入れて約10分放置。その後、ボウルに溜まっている液体にホウ酸を加えます。
  5. 再度温める
    除菌のために手作り抑毛ローションを再度鍋に入れて温めます。このときも、65度以上にならないように注意してください。温め終わったらボトル型の容器に移して冷やせば完了です(容器は移し替える前に消毒しておきましょう)。

おまけ

手作り抑毛ローションはこした液体のみを使用するので絞りかすが勿体ないと感じてしまう人も居ると思います。絞りかすは水分がないため作った当日しか使用できませんが、「パック」「搾り粕風呂」に使用可能。手作り抑毛ローションと同じ作用があるので、絞りかすも有効に使い無駄をなくしましょう。

保存方法

手作り抑毛ローションは基本的に冷蔵庫で保管するようにしましょう。作るときの環境にもよりますが、大体2~3週間は持ちます。常温だと1週間も持たないので、うっかり冷蔵に入れ忘れてしまったということがないように注意が必要です。

手作り抑毛ローションは時間が経つにつれて固形物が沈殿、匂いが変わる、腐敗臭がする、の3段階で変化します。腐敗臭が出だすと肌に異常を招く恐れもあるので使用を避け、新しく作りましょう。

また、定期的に作るのが難しい人は冷凍保存もおすすめ。約半年は持つようです。ただし、解凍方法は自然解凍のみ。早く塗りたいという気持ちが先走り、レンジで解凍してしまうと熱によって有効成分が壊れてしまうケースがあるので注意が必要です。

効果的な使い方

使用方法はいつも使っている化粧水やボディークリームの代わりに気になるところに塗布するだけ。効果的な使い方としては、肌への浸透しやすさを考えて「お風呂上りや洗顔後の肌がキレイなときに塗る」「もったいぶらずにたっぷり塗る」の2点です。

何度も重ね塗りすることで早く抑毛効果を実感できるので、なくなるのがもったいないと思わずたくさん使用するようにしましょう。

髭を薄くする抑毛ローションおすすめ7商品を徹底比較▶

この記事の関連のページ

ページの先頭へ