ストレス解消が髭を薄くすることに繋がる?

仕事が忙しい時、疲れている時、髭の伸びるスピードが異常に早い…そう感じたことはないだろうか。「ストレスと髭が伸びるスピードには関係があるのでは?」とうすうす感づいている方も多いだろう。

お察しの通り、髭が生えるスピードにはストレスが大きく関係している。

ストレスを溜めないことが髭を薄くすることに関係する?

ストレスを溜めないことは髭を濃くしないために外せない条件だ。髭が生えるのは、男性ホルモンが分泌されて発毛が促進されるからだと言われている。ストレスを感じるとホルモンバランスが乱れ、男性ホルモンが多く分泌されて髭が濃くなってしまうのだ。

諸君は「テストステロン」という名前を聞いたことがあるだろうか?こいつは筋肉を増やしたり体毛を濃くしたりと、男性らしい身体をつくり出すホルモンだ。男性ホルモンのおよそ95%を占めているといわれているから、「男性ホルモン=テストステロン」と言っても過言ではないだろう。

実は、ストレスを感じるほどテストステロンの濃度が変わることが明らかになっている。高いストレスを感じるほど、テストステロンの濃度が濃くなるのだ。

参考:『唾液中テストステロンによる小中学校教員のストレス評価』日本感性工学会論文誌
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jjske/advpub/0/advpub_TJSKE-D-16-00003/_pdf

では、テストステロンを増やすストレスから身を守るためにはどうすればよいのだろうか。現代社会の荒波に揉まれて生きていく以上、ストレスのない環境に身を置くのは難しい。だからこそ、蓄積されていくストレスを溜めないことが重要だ。

ストレスの解消方法は人それぞれだが、もっとも効果的な方法は運動をすることだろう。数時間にわたる運動を続ければ、テストステロンの濃度が低下することが分かっている。

運動をすればストレスを発散できるだけでなく、健康的な身体を手に入れられて一石二鳥。本格的に身体を鍛える必要はないから、定期的に軽い運動を取り入れてみると良いだろう。むしろ、鍛えすぎるとかえってストレスになり、男性ホルモンが増えてしまうからほどほどにしておこう。何より、ムキムキな身体は女性受けが良くない。

ストレスが濃い髭の原因?男性の口コミ・体験談

  • 「すっごいストレス感じるなーって時には異様に体毛が生えてくるんだが、髭も例に漏れずに急成長中だ。」
  • 「最近色々しんどすぎて髭が伸びるスピードがマッハだ。カミソリ使っても、剃れなきゃ何の意味もないしな…。」
  • 「電動カミソリ、T字カミソリと同じくらい深剃りできるんで感動してたけど、肌が赤くなってしまった…コレが一番肌へのストレス感じないタイプなのに、俺の肌よわすぎか!!」
  • 「髭の濃さって、ストレスの度合いで変わるらしいな。今日はめちゃくちゃハッピーな一日だったから髭が全然伸びてない!」

ストレスフリーに生きることが、薄い髭への第一歩だ!

口コミや体験談を見る限り、ストレスで髭が伸びるスピードの違いを実感している男性が多いようだ。一日をものすごくハッピーに生きる努力をし、定期的に良い汗をかきつつ、正しい髭剃りとスキンケアのコンビネーションで髭と戦ってゆくのがベストだろう。

>>髭を薄くする方法を徹底解説!

ページの先頭へ