禁煙が髭を薄くすることにつながる?

煙草を吸っていると男前度が2割増し…と思われていたのは、もはや昔のこと。禁煙派・嫌煙派がどんどん増えている現代の日本において、煙草を吸う男性の好感度は下がるばかりだ。しかも青髭の原因にもなっているとしたら…?

ここでは煙草と青髭の関係性について探っていこう。

禁煙が髭を薄くすることに関係する?

喫煙すると男性ホルモンの分泌量が増える

「煙草によって髭が濃くなる」という明確な医学的データはないが、男性ホルモン増加の原因となるであろう特徴を持っている。それは「多くの有害物質を含んでいる」ということ。

喫煙によって有害物質が侵入するが、体の中へ溜め込むわけにいかないので、我々の体内では男性ホルモンの分泌が促してダメ―ジから体を守ろうとする。

男性ホルモンは筋肉の発達や体毛の成長に関わる、男性的な体つきを作るのに欠かせない。しかし過剰に生成されると頭髪の薄毛やムダ毛の増加の原因に繋がる。煙草を吸うと男性ホルモン過多な状態となり、必然的に青ヒゲが生えやすい状態になるのだ。

煙は鼻や口から…有害物質はどこから出る?

煙草に含まれる有害物質は、残念ながら体の中で分解することができない。そのため、体外へ出すために毛穴が開く。

広がった毛穴から雑菌が入らないように、蓋の役割を担うのが髭だ。濃く太い髭が生えてしまい、青髭の原因になる。つまり煙草の有害物質は、体内に入った時だけでなく出ていく時にも青髭の原因を作り出す存在なのだ。

禁煙でストレスが溜まるのも髭を濃くする原因に

「原因をスパッと断ち切ってしまえ!」と思いつつも、なかなか続かない禁煙。しかも厄介なことに、悪性の男性ホルモンはストレスによっても増加するため、禁煙したところで煙草断ちのストレスが大きければ、髭が濃くなる原因が入れ替わるだけで終わるのだ。

急に煙草を断つ状況にストレスを感じない人間は少ないはず。まずは無理をしないペースで本数を減らしていくのが良いだろう。

うまく煙草と付き合うためのアイテムを見つけるのもおすすめだ。例えば「髭の成長を抑えるローション」を使えば、不足した成分を皮膚に直接塗り込むことで悩みを軽減できる。

喫煙が濃い髭の原因?男性の口コミ・体験談

  • 「1年以上禁煙しています。以前と比べて、ヒゲの伸びるスピードがゆっくりになった気がしますね。毎朝念入りにヒゲ剃りしていた頃は肌がヒリヒリしていましたが、今では痛みに悩むことがありません。」
  • 「気のせいかもしれませんが、禁煙をはじめてから髭があまり伸びなくなりました。節約にもなるし、女性からは「禁煙がんばってください!」って応援してもらえるし、良いことも多いですよ。」
  • 「毛深いのがイヤなので、禁煙をはじめたり食事に気を遣ったりと日々の生活の中で色々と注意してきました。しかし、女性ホルモンを一時期摂取していたせいか、ホルモンバランスが崩れて禁煙中にも体毛が濃くなる時期が…。ヒゲを抑えるのも大変です。」
ページの先頭へ