髭を薄くする方法GUIDE(HOME)/ 髭を薄くする方法・青髭解消方法を徹底解説!/ 筋トレの自粛が髭を薄くすることにつながる?

筋トレの自粛が髭を薄くすることにつながる?

「筋トレを続けていたら、髭が濃くなってきた」と感じたことはないだろうか。ただの都市伝説と思われる方もいるかもしれないが、過剰な筋トレが髭を濃くしているというのは大いにあり得ることなのだ。髭と筋トレの関係性についてまとめたので、ぜひ参考にしてほしい。

過度な筋トレの制限が髭を薄くすることに関係する?

筋トレは男性ホルモンを増加させる

髭の濃さには男性ホルモンの全体の95%を占める「テストステロン」が大きく関係している。テストステロンとは、男の睾丸で分泌される、まさに「男性ホルモンの代表格」だ。

「筋トレによって髭が濃くなる」という話を聞いたことはないだろうか。実は筋肉を肥大化させるのも、テストステロンの働きによって行われる。筋トレをすればするほどテストステロンの分泌も増えるのだから、筋トレのせいで髭が濃くなるというのもあり得ない話ではない。

特に腹筋ローラーやケーブルマシンを用いたクランチなどハードな腹筋トレーニング、筋肉に高負荷をかけるウェイトトレーニングはテストステロン値を高めてしまう要因だ。これ以上髭を濃くしたくないと思うなら、少し控えるべきだろう。

たんぱく質中心の食事も要注意

筋トレで男らしい体を手に入れたい諸君にありがちなのが、肉中心の食生活をしてしまうことだ。筋肉を効率良くつけるために、プロテインを補給している方もいるだろう。

過剰なたんぱく質摂取は男性ホルモン、つまりテストステロンを増加させてしまう。もちろん、たんぱく質は生きるのに欠かせない大切な栄養素である。だが、過剰な摂取はよろしくない。

このジレンマをどう解決すればいいのか

過剰な筋トレが髭を濃くする可能性が大いにあることが分かっただろう。男らしく大きな筋肉を手に入れたいが、髭は濃くしたくないというジレンマが生まれてしまう。

だが、「髭を薄くしたいから、筋トレをやめる」という軟弱者は少ないのではないだろうか。諸君らは決して楽ではない筋トレを続けてきた「男の中の男」なのだから。

男らしい筋肉を手に入れるには、濃い髭という犠牲が付きものなのか…。そういうわけではない、と声を大にして宣言しよう。

「過剰なトレーニングを中止する」、「高負荷のウェイトトレーニングから持久力を高めるトレーニングに切り替える」、「過剰なたんぱく質摂取を控える」などを実践すると良いだろう。それも難しいなら、髭が濃くなるのを抑える「抑毛ローション」を使えば問題はない。ぜひ試してみてほしい。

筋トレが濃い髭の原因?男性の口コミ・体験談

  • 「筋トレを初めて10ヵ月。俺の世界が変わった気がする。ただ、どんどん毛深くなっていく…。髭が太くなったし、すね毛も濃くなってきた。」
  • 「筋トレで男ホルが増えているせいか、髭が今まで以上に濃くなってきました。痩せたのは嬉しいし、腹筋を割りたいと思うんですが、髭が濃くなるのはツライ。女性ホルモンを増やせばいいんでしょうか。」
  • 「もともと髭は濃くないはずなのに、筋トレのせいで濃くなってきた。ジョリジョリするのは嫌なんだけど、毎日剃らないといけないのは非常にヒジョーに面倒くさい。」
  • 「髭が濃くなってきて、最近は髭どころか顔の毛が濃いって感じ。このまま筋トレしてたら毛という毛で体が覆われて、そのうちゴリラになる可能性すら考えられるよね。」
ページの先頭へ