髭を薄くする方法GUIDE(HOME)/ 髭を薄くする方法・青髭解消方法を徹底解説!/ 睡眠不足・生活習慣改善が髭を薄くすることにつながる?

睡眠不足・生活習慣改善が髭を薄くすることにつながる?

睡眠不足をはじめとする生活習慣の乱れが髭の濃さに関わっているという。では、生活習慣を改善すれば、それだけで充分に髭は薄くなるのだろうか?睡眠不足・生活習慣と髭の濃さの関係について調査してみた。どんな方法で髭を薄くするのが自分に一番合っているのか、これを読んでよく考えてみてほしい。

睡眠不足の解消が髭を薄くすることに関係する?

髭が濃くなる原因のひとつに「テストステロン」という男性ホルモンがある。テストステロンが増加すると髭が濃くなると言われているのだ。そして睡眠不足をはじめとする生活習慣の乱れはホルモンバランスを崩し、髭を濃くしてしまうリスクもあるという。睡眠不足と髭の濃さの関係性をさらに詳しく見てみよう。

睡眠のリズムと髭の濃さの関係性

睡眠時間が不足したり深く眠れなくなったりして睡眠のリズムが乱れると髭が濃くなってしまう可能性がある。

睡眠にはレム睡眠とノンレム睡眠があり、この2つが適切なリズムで繰り返していれば、健康的な睡眠を取っている状態だと言える。髭の濃さを気にしている方に注目してもらいたいのは「ノンレム睡眠」の方だ。

深い眠りにつき脳も休むノンレム睡眠に入ると、身体のなかで成長ホルモンが分泌される。成長ホルモンは成長期の子どもの身体を大きく育てるホルモンでもあるが、同時に健康な肉体・精神を維持したり男性ホルモンの正常な分泌を促したりといった役割も担っている。

ノンレム睡眠は深い眠りに入っている状態なので、睡眠不足になったり生活リズムが不規則になったりして浅い眠りが続くとノンレム睡眠が充分に確保できていないことになる。すると、成長ホルモンが正常に分泌されず、男性ホルモンのバランスも乱れ、髭が濃くなる結果につながるのだ。

適切な睡眠のリズムとは

髭が濃くなるのを防ぐには適切な睡眠が重要。適切な睡眠時間は平均して1日7時間半ほどと言われている。多少の個人差はあるが、まずはこれが目安だ。ノンレム睡眠とノンレム睡眠は90分間隔で繰り返しているので、睡眠時間を長くしたり短くしたりしなくてはいけない場合でも、「90分単位」で増減させると睡眠のリズムを崩さずに済むだろう。

髭を濃くするホルモンのバランスに関わるノンレム睡眠は、脳も休息する深い眠りについた状態。そのため、周りに邪魔されない環境で深い眠りにつくことも、睡眠不足を解消して髭を薄くしたい人にとっては大切だ。室温を適切に保ったり騒音をカットする耳栓を利用したりといった工夫で、健やかなノンレム睡眠を確保しよう。

睡眠不足が解消され、ノンレム睡眠の状態が確保されれば成長ホルモンが適切に分泌。ホルモンバランスの乱れももとどおりになり、髭が過剰に濃くなることは防げるだろう。

ただし、睡眠不足解消や生活習慣の改善でできるのは「髭が過剰に濃くなるのを防ぐこと」だ。もともと体質的に髭が濃い人は、睡眠習慣と生活習慣を改めたうえで、さらに髭を薄くする工夫をしなければならない。髭が濃くならないことと薄くなることは違う。このことを忘れず、いろいろな髭を薄くする方法を検討してみてほしい。

睡眠不足が濃い髭の原因?男性の口コミ・体験談

睡眠不足が原因で髭が濃くなったと感じている人たちの口コミ・体験談をまとめてみた。これを読んで睡眠不足の恐ろしさを知ってほしい。

  • 「前々から気にはなっていたのだけど、睡眠不足だったりいつもより疲れていたりするときは髭が伸びるのが早い気がする。」
  • 「女ですが、睡眠不足が続くとホルモンバランスの乱れで太い髭が生えてきます。1~2本ならまだしも、10本単位で生えてくるのです。女性のみなさんも睡眠不足にならないよう注意しましょう。」
  • 「しばらく一定の生活リズムを保てていたのですが、ここ最近は崩れ気味。すると髭が生える速度も速くなってきた気がします。髭が生える場所をさすってザラザラした感触が出てくるのが、生活リズムが保てているときは3日ごとだったのに2日ごとなりました。」
ページの先頭へ