髭を薄くする方法GUIDE(HOME) » 髭を薄くする方法・青髭解消方法を徹底解説! » 髭の正しいお手入れ方法とは

髭の正しいお手入れ方法とは

男性の身だしなみの基本ともいえる、ひげの手入れ。仕事の日には、毎日、早起きをしてひげを処理しているという人がほとんどではないでしょうか?そんな中、悩みがちなのが手入れの方法。アイテム選びから迷ってしまうという人も多いのでは?そこで今回は、アイテム別に正しいひげの手入れ方法について紹介していきます。電気シェーバーやカミソリ以外の方法も解説していくので、自分が普段、あまりやらない方法もチェックしてみてください。

時間帯

早朝、仕事へ向かう前にひげの処理をしても、夕方になるとひげが伸びてきてしまって困るという話をよく耳にします。人間のひげは、一般的に1時間に0.01mmほど伸びると言われており、その中でも成長ホルモンの分泌が活発な朝6時から10時までの4時間は、最もひげが伸びやすい時間となっているのです。そのため、早朝の早い時間に処理をしてしまうと、その後にひげが伸びやすい時間を迎えてしまい、結果として夕方にはまたひげが生えてしまうということになってしまいます。ですので、ひげを剃る回数を少なくしたいというのであれば、午前10時以降に手入れをするというのが一番、効果的です。

とはいえ、サラリーマンの人であれば、その時間まで処理をせずにひげが伸びきったままという訳にもいかないと思います。その場合は、夕方になって青ひげが目立たないようにするためには職場で再度、処理をするしかありません。その場合は、簡単に処理をすることができる簡易シェーバーを持ち歩くとよいでしょう。

ひげを剃る前の準備

いきなりひげを剃り始めてしまうと、うまくひげが処理できなかったり、肌を傷付けてしまうことがあります。そのため、ひげを剃る前には「プレシェービング」という準備をしておくのがおすすめです。

具体的な方法としては、顔をお湯で洗って汚れを落とし、蒸しタオルを顔の上に乗せて、肌やひげを柔らかい状態する方法が一般的。これによって肌の摩擦が少なくてすむため、肌への刺激を減らすことができるほか、剃り残しをなくすことができます。

髭剃り方法

電動シェーバー

電気シェーバーは、手軽にひげの処理ができるため、最もポピュラーな手入れ方法の1つ。電気シェーバーの中に搭載されている刃が回転することでひげを処理することができるのですが、刃が肌に直接、触れることがないため、カミソリでの処理に比べて肌への負担が少ないのが特徴です。また、電気シェーバーのサイズによっては、持ち運びをすることも可能。ひげの部分を事前に濡らす必要もないので、外出先でもちょっとした時間に処理することができる手軽さも魅力です。

電気シェーバーには、大きく分けて「往復式」「回転式」「ロータリー式」と3つの種類があります。往復式は、上下2枚の刃が回転し、ひげを深剃りすることができるのが特徴。剃っている部分を目視で確認しやすいので、デザインひげを作る時におすすめです。回転式は、柔軟に動くヘッドが肌に密着するタイプの商品で、刃は円形状の接合部分の内側に搭載されています。そのため、肌への負担が少なく、駆動音が静かなのもポイント。ロータリー式は、電機メーカーの日立が販売している電気シェーバーで多く見られるタイプで、ドラム型の特殊な刃を使って髭を引っ張りながらひげをカットしていきます。

カミソリ

電気シェーバーと並んで一般的なひげ処理方法として知られるカミソリ。手軽な価格で購入できることや、しっかりと深剃りすることができるのが特徴です。市販のカミソリには1枚刃から5枚刃まで、刃の枚数に違いがありますが、刃の枚数が多ければ多いほど、カミソリ1枚あたりの肌にかかる負担を軽減してくれるので、肌への負担が少なくて済みます。一方、刃の枚数が少なければ肌への負担は比較的、大きくなってしまいますが、より安価で手に入れることが可能です。そのため、ひげが濃い人や敏感肌の人は多少、出費が大きくなってしまっても刃の枚数が多いものを選んだ方が良いかもしれません。

カミソリでひげを処理する場合は、プレシェービングをしっかりと行ってひげを柔らかくした後でシェービング剤をひげが生えている部分、全体に馴染ませます。剃る時は、毛の流れに沿って剃るのがおすすめ。毛の流れとは反対方向に剃る「逆剃り」は、深く剃ることはできるものの、肌への負担が大きくなってしまうため、あまりおすすめできません。

その他トリマーなど

デザインひげのように一部のひげを残しながら手入れをするのであれば、ひげ用のトリマーを使うのがおすすめ。トリマーとは、簡単にいうとバリカンのようなもので、最近ではひげ用のものが市販されています。自分でアタッチメントを交換することにより、好みの長さでひげを整えることが可能です。

まとめ

いかがだったでしょうか?自分の肌質や毛質はもちろん、ライフスタイルによって、ひげ処理の方法を選ぶのも良いかもしれませんね。

    髭を薄くする抑毛ローション徹底比較
  • プレミアムアフターシェイブローション
    2ヶ月分の料金 / 本体価格 4,666円 / 4,666円
    1本を使い切るまでの目安 2ヶ月
    ダイズ種子エキス含有 〇
    ダイズ芽エキス含有 〇
  • NULLアフターシェーブローション
    2ヶ月分の料金 / 本体価格 4,980円 / 4,980円
    1本を使い切るまでの目安 2ヶ月
    ダイズ種子エキス含有 〇
    ダイズ芽エキス含有 ×
  • パイナップル豆乳ローション
    2ヶ月分の料金 / 本体価格 5,400円 / 2,700円
    1本を使い切るまでの目安 1ヶ月
    ダイズ種子エキス含有 〇
    ダイズ芽エキス含有 ×