HOME/ <注目>モテない男がやりがちな青髭対策・解消法まとめ/ 勘違いナルシスト!非モテ青髭男〜過剰な美意識の迷走・脱毛〜

勘違いナルシスト!非モテ青髭男〜過剰な美意識の迷走・脱毛〜

モテない男がやりがちな青髭対策、「脱毛」。脱毛がオススメできない理由を、Mustacheヒゲ部が明かします。

【モテない男はこれをやめろ!】青髭の脱毛

「青髭で一生悩むくらいなら、脱毛すればいい!」これが青髭対策のベストだと思っていないか?これが最善の方法だとしたら、世の中の青髭男子はこぞって脱毛サロンに駆け込むだろう。しかし、現実にそうならないのは、脱毛がベストの方法ではないからだ。脱毛にはどんな落とし穴があるのか、解説していこう。

脱毛の方法

青髭の脱毛には、大きく脱毛器、エステ脱毛、医療脱毛という3つの方法がある。

脱毛器

手ごろなのは、家庭用の脱毛器を使う方法だ。女子たちは、すね毛や腕毛を脱毛器で処理していることも多いはずだ。2~3万円台がボリュームゾーンで、高いものは7万円近く、安いものは1万円を切るものも。

一見ローコストのように見えるが、家庭用脱毛器での脱毛は本当に大変。髭を一本一本脱毛するのは本当に骨が折れる。しかも、時間が経てば元に戻ってしまう。短い人生の一部を、脱毛に使うことができるか?そもそも、脱毛器の効果が出るには少なくとも数ヶ月かかる。長い間、サボらずに脱毛をするのは大変だ。

しかも、発光部のカートリッジやバッテリーなどの消耗品の費用もかかる。時間もコストもかかる脱毛器は、賢い選択ではない。

エステ脱毛

では、メンズエステで脱毛してもらうのはどうだろうか。サロンによってかなり料金は違うが、ヒゲが濃い男なら6万~25万ほどは少なくともかかると考えるといい。

しかも、エステの脱毛を終えるには、少なくとも10回以上は通う必要がある。手間も時間もかかる上に、料金はかなり必要。優れたエステなら数年は効果が続くが、そこにたどり着くには苦労がある。

医療脱毛

もちろん、医療機関での脱毛も可能だ。医療レーザーでの脱毛は、全体で10~15万円ほどが相場。医療脱毛でも、やはり5回ほどは通わなければならない。

脱毛は過酷な試練である

そもそも、脱毛というのは簡単に終わるものではない。上で紹介したように、根気よく脱毛をしたり、サロンや病院に通わないと、「ヒゲが少し減ったなぁ」という実感にすらたどり着けない。体験談によれば、エステに通うこと3~5回目ほどで、ようやく効果を感じる程度。費用はかなりかさんでしまう。

しかも、脱毛には痛みがある!文字通り刺すような痛み、そして髭が焼けるような痛み。顔は刺激に弱いため、想像以上にキツいものになるだろう。

お金をかけても、どんな痛みに耐えても、髭をなくしたいと思うなら、止めはしない。

しかも女ウケは×!

しかし、それだけの苦労をしても、実は脱毛は女ウケが悪い。髭を脱毛した、なんて言われると女子はドン引きしてしまうらしい(Mustache調べ)。しかも、髭を生やしてイメチェンしたいと思った時には、髭は生えてこない。お金と時間、忍耐力を使って脱毛をしても、そこに明るい未来はない。

「脱毛すればモテる」という幻想を捨てろ!

もうここまで読めばわかるだろう、「脱毛すればモテる」という考えは大間違いだ。脱毛してツルツルの肌が美しいと思っているのは、ただのナルシスト。女子は引いてしまう。

今ならまだ間に合う、青髭対策は脱毛以外の方法を選ぼう。モテる男は、抑毛ローションを使ったりして、適度な美意識とコスト、そして肌へのやさしさをもって青髭対策をしている。髭対策をしてモテたいなら、髭対策の王道を選んで、しっかりモテへの道を踏み出してほしい。

>>モテる男はやっている!青髭対策

ページの先頭へ