HOME/ <注目>モテない男がやりがちな青髭対策・解消法まとめ/ モテる男は知っている〜青髭の原因〜

モテる男は知っている〜青髭の原因〜

そもそも、なぜ髭が濃いと青髭になってしまうのだろうか。その理由を、Mustacheヒゲ部が徹底解析。

なぜ青髭が生まれてしまうのか?

青髭に悩まされるメンズが気になるのは、そもそもなぜ青髭になってしまうのか、ということ。原因がわからなくては、対策もしにくいというもの。そこで、Mustacheヒゲ部では、青髭の原因についてわかりやすくまとめてみた。

太くたくましい毛根が青髭の原因!

顔は、比較的皮膚の薄い部分。カミソリ負けしやすいのもそれが理由で、皮膚が薄くデリケートなのだ。

それに対し、皮膚の根深いところに太い髭の毛根があるため、存在感のある黒い毛根が点々と目立って見えてしまう。髭が濃くて太い男ほど、この毛根がたくましくなる。したがって、髭の濃い男は朝に髭を剃っても、夕方には黒い毛根が目立つ青髭男になってしまうのだ。

青髭を青髭たらしめる、髭の構造とは

そもそも、髭はどんな構造になっているのだろうか?

われわれがふだん見ている、皮膚の表面に生えている髭の部分は「毛幹」と言われる部分。同じ毛でも、毛穴の中に埋まっている部分を毛根と呼ぶ。

ということは、髭を剃るときにカットされるのは、毛幹の部分。髭剃りでは毛根の部分は取り除かれないので、皮膚の中に薄く毛根が残って見えてしまう。この毛根が集まることで、青髭になってしまうのだ。

ちなみに、毛根のさらに根元には毛乳頭がある。ここに毛細血管や神経が集まっており、栄養素や毛を発生させる指令が届いて、髭を発生させている。

毎朝の髭剃りむなしく、青髭に悩むあなたへ。毛周期とは?

髭を含む体毛は、どれも成長期・退行期・休止期という3つのサイクルを繰り返している。成長期は、栄養を取り込んで毛をつくりだす期間。退行期は、毛を作るのをやめて、抜ける準備をする期間。そして毛が抜けると、毛乳頭が休む休止期になる。

一般に、髭は1ヶ月半~2ヶ月ほどで成長期から休止期までのサイクルを1周すると言われている。伸びてくる髭は、いま成長期にある髭で、髭全体の25%ほどにしかすぎない。したがって、脱毛サロンに一生懸命通っても、毎回成長期の髭だけを脱毛しているだけにすぎないので、すぐにほかの細胞が成長期に入ってたくましい髭を伸ばしてしまう。

だからこそ、ただ髭を減らすだけでなく、髭の成長を抑えたり、髭を細く柔らかくして目立たないようにする必要があるのだ。

モテる男はやっている!至極の青髭対策・解消法

太く硬い髭の毛根が毛穴から覗くことが、青髭の原因となることはおわかりいただけただろうか。それなら、髭を細く柔らかくして、また成長を抑えてやれば青髭に悩むことはなくなる。

それを実現してくれるのが、抑毛ローション。髭が太く成長する原因になるのは、男性ホルモンの過剰分泌。このホルモンの分泌を抑えて、髭の成長を抑制してくれる成分を配合している。除毛のように不自然にツルツルになることもなく、脱毛のように金と時間を大量に使うこともない。コストパフォーマンスに優れ、自然に青髭を解消できるという理由で、モテる男は抑毛ローションを使っているのだ。

Mustacheヒゲ部としても、ぜひ青髭に悩む男たちには抑毛ローションをオススメしたい。コストパフォーマンスと効果に優れた素晴らしい商品を、モテ男たちだけに独占させるのは惜しい!抑毛ローションの詳しい効果や、オススメ商品も紹介しているので、ぜひチェックしてみてくれ。

>>コスパ抜群!青髭対策の本命・抑毛ローションとは

ページの先頭へ