髭を薄くする方法GUIDE(HOME)/ 年代別の髭を薄くする方法/ 髭を薄くするおすすめ方法~30代~

髭を薄くするおすすめ方法~30代~

髭がさらに濃くなる傾向にある30代。髭を薄くしたいと悩んでいる方に向けて、おすすめの薄くする方法を紹介しています。また髭をケアする上で気を付ける点も載せているので、ぜひ参考にしてみてください。

30代に多い髭の悩み

30代になると、これまで髭が濃くなかった人でも処理が必要になるくらいに濃くなる傾向があります。元々ヒゲが濃かった人はさらに濃くなることも。髭が濃いと実年齢よりも上に見られてしまうため、ショックを受ける方も少なくないでしょう。

また30~50代の男性を対象に行われたコンプレックスに関するアンケート結果では、30代のコンプレックス2位にムダ毛がランクインしています。しかし40代、50代になると5位以内にも入っておらず、圏外という結果に。30代の男性がムダ毛に一番悩んでいることが分かりました。

そんな髭の悩みを抱えている30代男性に向けて、おすすめの髭を薄くする方法を紹介します。

30代におすすめの髭を薄くする方法

ここでは、30代の方におすすめの髭を薄くする方法を3つ紹介しています。

家庭用の脱毛器を利用する

家庭用脱毛器にはいろいろな種類があり、値段も30,000~200,000円近くするものまであります。自宅でいつでも髭やムダ毛の処理ができるので、「クリニックに行くのはちょっと…けれど本格的に薄くしたい」という、男性に向いていると言えるでしょう。

ただし家庭用の脱毛器なので、永久脱毛することはできません。脱毛効果はクリニックと比べると弱いため、時間が掛かってしまいます。徐々に薄くしたいと考えている人には、ぴったりかもしれません。

脱毛クリニックで脱毛する

髭を薄くする方法の中で最も確実なのが、クリニックで脱毛することです。料金は高額になってしまいますが、脱毛後にすぐ効果が分かるため、即効性を求める人おすすめの方法といえます。また、医療脱毛は完全に髭を無くすだけではなく、薄くしたり髭の形をデザインしたりと自分好みに調整可能です。

抑毛ローションを使う

脱毛ではなく、髭を薄くするという選択肢です。即効性という点では上の2つには劣りますが、持続的な効果を求める方にはおすすめです。

また抑毛ローションは髭剃り後のアフターシェーブローションとしての役目もあり、肌の保湿効果を持っていますので、日々のカミソリ負けを防ぐ効果もあります。

肌の弱い方はしっかりと相談しよう

脱毛クリニックで脱毛を行なう際には、基本的にカウンセリングが行われます。肌の弱い方はカウンセリング時に、その旨をしっかりと伝えるようにしましょう。

脱毛を行なうと少なからず肌にダメージを与えることになるので、軽度のやけど状態や赤みがでることも。肌の状態によっては受けられないことや、受けられなくなることがあるので、現状を把握してもらうことが大切です。

また家庭用の脱毛器でも、肌が荒れる危険性は十分にあります。その際は使用を止め、医師に相談しましょう。

ページの先頭へ