髭を薄くする方法GUIDE(HOME)/ 年代別の髭を薄くする方法/ 髭を薄くするおすすめ方法~10代~

髭を薄くするおすすめ方法~10代~

髭が徐々に生え始め、どうしようかと髭を薄くしようかと悩み始める10代。そんな悩める10代に向けておすすめの髭を薄くする方法や髭ケアの注意点をまとめているので、ぜひ参考にしてみてください。

10代に多い髭の悩み

男性は中学2年生くらいになると徐々に髭が生えてきます。高校生、大学生となるにつれて、より髭が濃くなるように。

学生時代には部活の大会や修学旅行などのイベントがあるときに、友達とはいえ、目の前で髭を剃るのは少し抵抗がありますよね。ですが、周囲の目も気になるので、そのまま放置するわけにもいきません。

身だしなみはキレイにしたいけど、毎日の髭処理はめんどくさいと感じる方も多いはず。そんな悩みを解決するために、おすすめの方法を紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

10代におすすめの髭を薄くする方法

10代のうちにできる、髭を薄くする方法をここでは紹介しています。

抑毛ローションの使用

バイトでいくらお金を稼いでいたとしても、周囲の友達と遊んだり、趣味にお金を使ったりすることも多いでしょう。「髭を薄くするためにお金を使うのは…」と思うかもしれませんが、抑毛ローションなら比較的安くケアを始められます。安いものだとドラッグストアで1,000円以下で購入可能。おこづかいだけでも十分に試すことができます。

使い方も簡単で、髭を剃った後に抑毛ローションをなじませるだけでOKです。手間もかからず、低額で始められる方法なので、髭ケアをするなら抑毛ローションから始めることをおすすめします。

髭を薄くしたくても抜いてはいけない

10代のうちはお金があったとしても、髭ケアにお金をかけるのがもったいないと感じ「髭を抜く」という行為をしてしまう方もいるでしょう。ですが絶対に髭を抜いてはいけません。ここではその理由を説明しています。

髭が以前よりも濃くなってしまう

髭を剃ると濃くなると思っている方もいると思いますが、医学的な根拠はありません。ですが、髭を抜くことにより濃くなる可能性はあると言われています。

そのワケは、髭が抜かれると、次に再生するときにより丈夫で太い毛を増やそうとするためです。抜いてしまうと、かえって髭が濃くなってしまうので、抜くことは絶対に避けましょう。

肌の炎症を引き起こしてしまう

髭を抜くときに毛穴が傷ついてしまい、そこから最近が侵入。「毛嚢炎(もうのうえん)」というニキビのような炎症を引き起こすおそれがあります。身だしなみを整えるために髭を抜いても、肌が荒れて逆効果になるかもしれません。

ページの先頭へ